<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 10月 30日

ややこしい季節

d0029974_12245873.jpg


日よけのつもりで軒先に植えたブドウ、夏は期待に応えてしっかりと日陰を作る。
うまく出来たもので、そろそろ寒いなあと思う頃、葉を落とし隙間から暖かい日差しを届けてくれる。

この移行期間が「秋」という季節になるのだが、最近はこの期間がすっかり短くなって、ブドウも慌てているようだ。
こうして寒さへの準備をする部分もあるが、こんな風に季節に置いてきぼりにされているやつもいる。

d0029974_12354238.jpg


温暖化で夏と冬の極端な気候のせいかとも思えるけど、うん、自分のようだとも思える。
吹きの作業をしている時は、まだまだ青いブドウのごとく、Tシャツで。
その他の時は、寒い寒いとつぶやいて。
工房ブドウ、この季節のややこしさをよく表しているようだ。
[PR]

by glassroom | 2012-10-30 12:39 | 日々の出来事
2012年 10月 23日

ムスカ状態

d0029974_1965836.jpg


「あああ〜目がっ!目がっ!・・」
そろそろ疲れてきた午後、吹きガラスの作業によくあるムスカ大佐になってしまった。

吹きガラスで使う道具は木と紙が多い。
高温のガラスの表面は、大抵のものを溶かしてしまう。なので鉄以外の道具は紙と木が最もよい。紙も木も、燃えながらガラスを形作っていく道具になるのだ。
紙リン、これは新聞紙。
濡らしてガラスの表面を触る。

紙リンを使っていたら、燃えたケムリが目に入ってしまった。
涙が出る。
涙は、作業で汗をかいた顔を伝う。まぶたにもこの季節でも汗があるのだろう、涙が塩分をさらに濃くしてさらに目に入る。
ケムリが目にしみる、涙が出る、汗が目に入る・・・

で、ムスカ大佐になった。
一応解説しておくと、宮崎駿監督「天空の城・ラピュタ」に出てくる知的悪役が最後に主人公にやられて叫ぶ名シーンである。
「あああ〜目がっ!」
この状態になって辛いのは、作業中ということだ。ガラスを作っている最中は両手がふさがり吹く事さえままならぬ。せっかく作っているものを、途中であきらめるわけにはいかない。
やり遂げるのだ。だが、目が、目が・・
というわけで、吹きガラスには辛いムスカ状態なのだ。


そういえば、僕の作業で使うサングラスもムスカ大佐風かも・・
[PR]

by glassroom | 2012-10-23 19:16 | 吹きガラスの事
2012年 10月 18日

最近・・

d0029974_13374612.jpg


数日前に撮った写真が大分前に感じられるほど、季節が駆け足で進んでますね。
短パン、ドライシャツの僕も・・・・あ、そこはまだ同じです。(笑)

最近、ちょっと忙しくて、自分が二人いれば作業が楽なのにと思います。
でも、僕が二人いたらそれはそれで、のんびりしてしまいそうでコワイ。
なにより、おっさん二人じゃあな。
すぐ疲れちゃうし。
そうか、若い頃の僕が二人いればいいんだ!
あ、自分の若い頃はアホやから使えないか。
ん、今も・・か?

・・忙しいとロクな事考えなくなりますね・・
[PR]

by glassroom | 2012-10-18 14:17 | 日々の出来事
2012年 10月 01日

ラーメンのおつゆ

d0029974_18573572.jpg


10月になり、台風が去って、さらに秋らしくなってきた。

お昼どき、ラーメンを食べる。お店のラーメンではない、袋にはいったやつをお鍋で3分茹でるやつ。
外で食べる事はほとんど無くて、大体工房でそそくさと済ませる。
ネットなど見つつ、ラーメンすするオッサンはかなりわびしいのか?
本人あまりそんな自覚もなく、ラーメンすする。

気がついたら、おつゆが無い。
あ、飲んでしまった。

しまった!飲んでしまった・・・
さっき、銀色の小袋を破り、茶色やら、白色やら混じった粉数グラムを思い出し、ああ、あれを全部体内に取り込んじゃったなあと少しマズい気分になる。

そこで、必死に制作に励む事にする。
火の前に立てば、そんなものすぐに排出されるはず。
夏は塩分必死に取り込まないと、あっという間に不足してしんどくなったけど、秋はね。
おつゆを飲んじゃったから仕事頑張る。
モチュベーションの上げ方がどうもいかんなあ。
もっとアーティスティックな感じにならねばね。
秋だから。
[PR]

by glassroom | 2012-10-01 19:09 | 日々の出来事