あるガラス吹きの徒然日記。

glassrooms.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2009年 05月 26日

人の世界

d0029974_2325343.jpg

親しくしているAさんの工房へ行く。
町中近くの僕の工房と違い、山の中にあるこの工房は緑と土がふんだんにあって、羨ましい限り。
もっとも、Aさん曰く沢山の虫やら、木が倒れてきたり、落ち葉が凄いとかそれはそれで大変らしい。
こんな景色、僕の工房じゃ見られないなーとシャッターを押す。

自然はいいよなー、自然。
小さい頃から、山とたんぼに囲まれて育ったので、自然を何より大切に思っているつもりだが。
でも、考えてみると、僕の生活は人工的だ。
車を使い、パソコンを使い、携帯を使い。
そもそも仕事がガラスだ。遠い場所で産出されたエネルギーを使いガラスを作る。せめて陶器だと「土」だし、少し自然らしいんだけどな・・・
自然を憧れつつ、どっぷりと人工的な世界に身を置いている。
[PR]

by glassroom | 2009-05-26 23:22 | 日々の出来事
2009年 05月 21日

お互い・・

d0029974_1454045.jpg

何年か前、クリスマスツリーに使ったモミの木を工房に植えた。
新芽を出して、きれいだなと眺めていたら、小さな生き物に気がついた。
細い枝にカエル。写真ではわかりにくいかもしれないが、カエルの左下に作りかけの小さな蜂の巣が・・・・


インフルエンザが大変な騒ぎになって、このところ街中マスクだらけだ。
ニュースはインフルエンザの話ばかり。
人間界はこの話で大変だけど、この小さな生き物達も大変だ。
カエルは世界中でカエルツボカビ症で様々な種が絶滅に瀕するほどの影響が出ているし、ミツバチは原因不明でいなくなっている。

自身に降りかかるそんな災難を知ってか知らずか、ハチもカエルも人間のように大騒ぎもせず、ただ静かに、自然のままにしている。
お互い、平穏な世界を早く取り戻したいところ。もっともハチとカエルの方は人が招いたかもしれない災難だから、こちらも人がなんとかせねばならないのだろう。
明るい日差しの中で小さな世界と大きな世界をふと思う。
[PR]

by glassroom | 2009-05-21 14:55 | 日々の出来事
2009年 05月 02日

ぼちぼち再開

d0029974_10543185.jpg


久々の更新。
あまりくだらないことばかり書いても、との思いから書かずにいたら、ずいぶん時間が経ってしまった。
こうなると、まとまった内容も書けないので、最近のことをパラパラと。

世の中、不況にインフルエンザと暗くなるばかりだ。
新型インフルエンザは鳥インフルエンザが怖いので、いつもこのサイトを見ていた。
鳥及び新型インフルエンザ海外直近情報集
冷静に対処といいながら、あおるようなメディアより参考になるのではと思うので紹介したい。

ガラスをぼちぼち作りつつ、新展開もしたいなあと試作を重ねる。
昔の放ったらかしのパーツを見つけ、いじってみる。
そんなことすると、大抵失敗する・・・
また考える。そんなことの繰り返し。

音楽を聴く。
最近お気に入りは羊毛とおはな
なぜか僕の頭のなかで「羊毛とひつじ」に変換されてしまって、口に出すと間違える。

しばらく書けなかったブログ、ちょっとリハビリ?のつもりでぼちぼち書き始めようかな・・・
[PR]

by glassroom | 2009-05-02 11:24 | 日々の出来事