<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2008年 11月 24日

ボトル

d0029974_23424040.jpg


さらりとした飲み口が好きで、この時期ボジョレーを飲む。
今年から「エコボトル」と名付けられた「ペットボトル」入りのボジョレーが登場した。なんでも空輸するのにガラスのボトルだと重いし、燃料が無駄になりペットボトルだと軽くて燃料も少なくてすむ、結局価格も安くなるということらしい。

そういわれると、なんだかエコボトルと言ってもいいような気もするし・・
でも、ペットボトルって結局ゴミになるし、製造して廃棄してって考えると、無駄な気もするし。
ガラス屋としては、ガラスのボトルの弁護をさせていただくと、ガラスのボトルは洗って再利用ができます、と言いたいけれどワインのボトルは再利用されてるんだろうか・・

とか考えているうちに、酔いが回り、そしてやっぱりワインのボトルはガラスの重みがいいんだな、グラスもガラスがいいんだな、両方プラ製だと味気ないだろうなと思ったのだった。

あれ、空になっちゃった・・
[PR]

by glassroom | 2008-11-24 23:52 | 日々の出来事
2008年 11月 15日

柿の色

d0029974_17543827.jpg


工房から常に見える場所に柿の木がある。
そのお宅の方に柿を沢山頂く。
まだ完全に熟していないようで、色が浅く硬い。

柿の色、すごく日本の色だなあ・・・
陶芸に柿右衛門というのがあったが、この色はガラスにあまり使わないなあ・・

晩秋の太陽が似合う柿の色。
[PR]

by glassroom | 2008-11-15 18:05 | 日々の出来事
2008年 11月 12日

お日様の下へ

d0029974_11945100.jpg

人の気持ちというのは太陽の光でずいぶん変化する。
太陽の光を浴びないと、気持ちも晴れない。


このところ、天気が悪い。おまけに寒い。
好きだった俳優や、キャスターが相次いで亡くなるというニュースなど聞いて、なんだか気持ちもさっぱりしない。

僕は写真を撮っていた。
情報として正確な写真を撮る。感情より情報。色も形も性格に伝えるには。そうなると、光のコントロールなどが必要で、太陽より照明となる。
照明の光、嫌じゃないけど、面白くないな・・・

今日、久々に晴れて、光が差し込む。
たちまち楽しげな光が床に広がる。

ああ、やっぱりこっちの方がきれいだと思ってしまう。
その光を浴びるガラスだって、急に輝く。
僕もすこしお日様の下に出よう・・・

d0029974_1125503.jpg

[PR]

by glassroom | 2008-11-12 11:35 | 日々の出来事
2008年 11月 04日

ひとつひとつ

d0029974_16104321.jpg


工房の隅に植えていたトマトが今頃になって沢山穫れた。
春頃、実家でもらった苗を植えていたもの。夏になってもさっぱり実が出来なかったから、これはもう無理かなと思っていたんだけど。

大きいの小さいの、形も不揃いでおまけに放ったらかしだから、トマトソースにするくらいだろうかと皮をむき、ついでに口に放り込む。
・・・・意外にうまい。

完全に放任主義、水すら雨水に頼って赤くなるまで実らせたトマトは、形は不細工で見栄えも悪いが、安全で自然の甘みがある。

どの野菜も同じ形、同じ色、同じ糖度みたいなものに慣れてしまって、見た目の悪さでついつい評価していた事に思いが至る。
野菜も生き物、個性があって当たり前なのにね。
[PR]

by glassroom | 2008-11-04 16:26 | 日々の出来事