<   2007年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2007年 07月 27日

メンテの日々

d0029974_21144649.jpg

初めて一年通して窯を燃やし続けた。
通常、年末と夏の2回火を消して補修をする。
年末はバタバタするけど、火を消す事でホッとしたい気持ちもあって必ず火を消したのだけど、結局バタバタする方が煩わしいような気がして今年年始は火を燃やし続けた。

一年ぶりに火を消して設備を点検する。
思った通り、あちこち痛みがひどい。

これからしばらくガラス工房は鉄工所と機械製作所に変身して僕はツナギに身を包む。
鉄を切り、溶接をして耐火材をはがし部材を発注する。
不具合を改良するために図面を引く。

夏本番を迎えたこの季節、ツナギを革手袋とマスクとゴーグルで防護された身体からは汗が滲んでたちまちツナギが絞れるほど汗で濡れる。

この作業、普段使わない筋肉を使うとあって、結構しんどい。
でも、辛さ100%かというと、実はそうでもない。

どんな作業にも、自分がほぼ100%。まじりっけなしの自分の仕事。
自分の補修が間違っていれば全て自分に失敗のつけが回ってくる。
お金と時間を短縮して、直ってからも快適に使える・・・そんな理想の仕事になるようにするには意外に楽しいのだ。
大人になってからの工作の時間は真剣なのだ。
[PR]

by glassroom | 2007-07-27 21:41 | 日々の出来事
2007年 07月 19日

そろそろ夏

d0029974_2323303.jpg


祇園祭が終わると京都には夏が来る。
台風が過ぎて、雨が上がって、そして気温が上がる。

去年も、その前の年も自分のブログを読み返してみると、暑いだの、しんどいだの、そんなことしか書いていない。
変化の少ない自分の生活を振り返りつつ、少しずつガラスは変化をしているといいな、と思いつつ毎日汗を流している。
[PR]

by glassroom | 2007-07-19 21:49 | 日々の出来事
2007年 07月 11日

日々思うこと

d0029974_21534288.jpg


ガラスは1000度を越えてようやく液体になっていく。これはこのブログで何度か書いてきた。

僕の工房ではガラスを溶かすためにガスを燃やしている。
石油から作ったガスだ。

溶けたガラスが冷えて固まるまでにガラスに形を与える、というのが「ガラスを作る」作業だ。出来上がったガラスの形は、エネルギーの代償として得たものだ。
貴重な、そして燃やすと二酸化炭素を出す燃料を燃やして作ったガラス。

今のこの世界でこれがどういう事か、いつも考える。
僕の設備なんて、大きな産業レベルで見ると小さいことだ。そんな弁解をしてみても、日々伝わってくる環境に関するニュースと未来を考えると、いつも溜め息が出る。

作る事が大変だとか、難しいとか、儲からないとか、そんな事は大して気にならないのに、貴重なエネルギーを使っている事、それがいつも気にかかる。
[PR]

by glassroom | 2007-07-11 23:23 | ガラスのお話