<   2006年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2006年 08月 28日

ボレロ

d0029974_22454511.jpg


ボレロという有名な曲がある。
初めは耳を澄まして聞き取るほどの小さなフルートが奏でるメロディ。
小さな水滴のようなそのメロディがやがて木管楽器を、金管楽器を、打楽器を、だんだんと数を増やし、メロディは厚みを増し、やがて大河のような重厚な曲へと展開する。
このドラマティックな展開は、しばし物語や人生のようだといわれる・・・


僕と妻は初め、その小さな水滴のようなメロディを感じ取っていた。
それはまだ、7月の終わりだった。
今年は夏の訪れが遅いね、などと言い合いそしてまだワクワクとした気分でありながら、この小さなメロディが始まっているのを少し不安になりつつ聴き取っていた。

やがて、リズムとメロディーは継続しながらもフルートの響きはクラリネットへと、バスーンへと、そしてオーボエに・・少しずつ楽器は増えていく。

いつから宿題を始めるのだろう・・・

少しずつ、警鐘を鳴らすかのようにメロディは厚みを増しているのが僕らには感じられた。
だが、夏真っ盛り。旅先で少し「植物の観察」でもしてみては?という僕らの提案は息子にはまだ鳥のさえずり程度だったようだ。
だが、僕らにはそろそろ金管楽器、トランペットとテナーサックスとソプラノサックスがメロディーを奏で始めていたのだが。

やがて楽しい旅も終え、夏の様々なイベントも終息に向かう。すでに僕らの中ではフルートとピッコロとオーボエとコーラングレとクラリネットとサキソフォンの響きが渦巻き、シルヴィ・ギエムが頭の中を踊りだしていた。

どどど、どーするんだ、息子!あと4日やないか。漢字プリントと総合学習研究と農業調べ、水産業、読書感想文、そそそそして自由研究!!
だが、彼は悠然としている。
「ちゃちゃっとやればええやんか。」


そしてラスト一日。
明日から学校である。もう僕と妻の中ではフルートとピッコロとオーボエとコーラングレとクラリネットとトロンボーンとソプラノサキソフォンと第一バイオリンと第二バイオリンとヴィオラとチェロがクライマックスの地響きのようなボレロを響かせている。

「おまえ〜、どうするんじゃあ!!明日から学校やぞ!そして今は昼や。まだ自由研究、ゼロや、ゼロ。どうするねん〜〜!!」

それから、自由研究テーマ、「植物観察」をすべく家の中にようやく採ってきた植物が飛び散り、画用紙が散乱し、あ、お前こっち持って、ママこれ何、パパテープどこ、きゃあ、草ふんじゃった娘、泥を水道に流すな息子とまさに修羅場。

そのとき!
「あ!待て。どこ行く!」
僕の声で脱兎のごとく走り去る息子。
信じられない事に彼は夕方から自治会の「夏祭り」へと出かけてしまった・・・・止める声も聞かずに。


ボレロの終演は今朝だった。もう知らんと寝てしまった僕らだが、自分でなんとかやっていた様子だ。
朝、起きると、息子は深い寝息を立てて眠っていた。
横にはなんとか仕上げた宿題が散乱している。
息子を叩き起こす。もう学校へ行く時間だ。
「何時までやってたんや?」と僕。
「2時」

どアホな息子。来年の宿題は勘弁してほしい。



(写真は友人I氏の作品)
[PR]

by glassroom | 2006-08-28 23:44 | 日々の出来事
2006年 08月 16日

夏のお昼は・・・

d0029974_14274577.jpg


学校が夏休みに入ると、世の中のお母さんたちは溜め息をつきながら言う。
「お昼を作るの、面倒やわ・・・・」


子供の頃、夏休みのお昼にそうめんである頻度は高かった。
つゆはというと、わさびも生姜も薬味という物はだいたい大人の味であって、子供はおつゆしか付けられない。
単調であっさりしたそうめんにぶーぶー文句を言って、母に一品要求したこともあった。

僕の子供たちも、同じようにお昼のメニューがそうめんである事を知ると、とたんに不機嫌になり、やれ天ぷらを出せ、ラーメンにしろとうるさい。
今の時代、便利なことに近所のスーパーへ行けばお惣菜の天ぷらもラーメンも、そしてそうめんのつゆもビン入りがすぐに手に入る。

だが当時、母は大きな固まりのかつおぶしを削り、だしじゃこを新聞に広げ、一匹一匹頭と内蔵を取って、そこからお出汁を取り、出来上がった熱いつゆが入ったお鍋を水で冷やし、出来たものを冷蔵庫でさらに冷やし、ようやく冷たいつゆを作ってくれていた。
勿論今は母もそんな面倒なことはしていないはずだが・・・・

ビン入りのつゆは美味しいけどちょっと飽きるなあと感じつつ、質素なあの時のお昼は、実はとても丹念な作業によって作られ、そしてとても美味しい贅沢だったのだなあ、と思い出す。
きっといい時代に子供時代を過ごせたのだろう。
親は大変だったとおもうけれども・・・・・

[PR]

by glassroom | 2006-08-16 14:49 | 日々の出来事
2006年 08月 14日

夏休みの一コマ

d0029974_2229366.jpg


ちょっと出かけておりました。
帰ってくると待っているのは・・・
大人は仕事、子供は?

そう、宿題、勉強。
息子は帰ってもさっぱり。浮かれ気分が直らない。
自由研究の本も、宿題の冊子も机に置いたまま、最近ハマっている「ちびまる子の慣用句」という学習マンガを読みふける。
マンガばっかり読むから、せめて学習効果が少しでもあるものを、と妻が買い与えたものだ。

夕食中、唐突に息子は言い出す。
「新しい慣用句だよ。」
「・・・新しい?慣用句???」
なんの事だ、息子よ。
「うん。まずは『借りてきたゾウ』」
「?」
「あると邪魔の意味。」
「・・・ほー。」

夜、妹とケンカして妻に何か言っている。
「あのなあ、そんなん言って『つけぐち』してやる!」
「付け口?」
かつらみたいにくっつける口か?と問いただすと。
「あ、ちがった、えーと、くちつけ」
「口つけ?チューすることか?」
「あ。じゃなくて、えーと継ぎ口」
もう、無茶苦茶だ。
「・・・・あのなあ、つ○くち、○に入る言葉は?」
「あ、告げ口」

夜、普通の話題がだんだんと宿題に向かって行く。そして結局息子は怒られる。
しかし、親から叱られる事を意に介さない息子、笑って言う。
「あー、これはトドが詰まったね。」
「は?・・・・・トドが・・・詰まる・・・」
「いや、トドを詰める・・じゃなかった、えーっと・・」
絶句した妻を見て息子はピューッと部屋に戻り、「ちびまる子の・・」を手に取り言う。
「ああ、とどのつまりだ!」

(ちびまる子風に)アホな息子、憎めないやつである。

[PR]

by glassroom | 2006-08-14 23:09 | 日々の出来事
2006年 08月 05日

暑中お見舞い

申し上げます。

d0029974_211293.jpg


本当に暑い!こりゃたまらん。

メンテナンスがほぼ完了したので、今日は殆ど家から出ない。
外の全てのものが干上がるほどの日差しに恐れをなして、こもり気味。
バイオリンを持つ娘を見つつ、うつらうつらと床に転がる。

本日は休息日。とさせていただきましょう。

[PR]

by glassroom | 2006-08-05 21:02 | 日々の出来事
2006年 08月 01日

スイカ

d0029974_2258572.jpg


工房に植えたスイカ・・・・
本当に実が出来ると思わなかったけど、知らぬ間に成長している。
見ていると・・
あれ、僕もそんな感じのもの、作ったなあ。

で、横に置いてみた。
今度作る時は色を似せてみようかな。

スイカ、早く大きくならないかな。

[PR]

by glassroom | 2006-08-01 23:04 | 日々の出来事