あるガラス吹きの徒然日記。

glassrooms.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2005年 12月 31日

あとわずか



まだ、年賀状を買ってすらいない。
のんびりブログを書いている場合じゃないが、とりあえず年末でもあるわけで、どうあがいてもあと数時間で来年になってしまう。

今年はブログを始めたことによって様々な人に出会い、お世話になった。
殺伐とした事件ばかりが目立った年だったが、僕個人はネット上と実際にお会いする人の助けや出会いで支えられた感がある。
今までおつきあいがあった人たちももちろん、新しく出会った人達を含め感謝をさせていただきます。

自分自身の目標の到達度は相変わらずまだまだの一年を過ごしてしまったけど、反省をしつつ、とりあえずそばをすすって年賀状に向かうことにしよう・・・


参加してます。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2005-12-31 18:29 | 日々の出来事
2005年 12月 30日

変身

d0029974_12261878.jpg

火を消して、極寒の工房でメンテナンスの作業を進める。

この時期は鉄工所となる工房で、鉄を切ったり溶接したり、窯の補修をする。
肉体的にかなりきつい作業。
ラジオからは年末の話題が流れ、補修用品を買いにホームセンターへ行くと掃除用品やら、年始の飾りやらで活気のある店内。
う〜む。なんでこんなことしてるんかなあ。とぼんやり感じながらも、これが仕事だと言い聞かせてボルトだの、電動工具だの、おおよそこの時期にふさわしくない買い物をして工房に戻る。

次に火をつけて消すのは来年の夏。それまでトラブルを無くし、無事故で過ごすにはこのメンテナンスをいかにしっかりしておくかにかかってくる。トラブルが発生すると、時間も費用も、そしてガラスの制作についてもすべてに負担がかかる。

だからしっかり、そしてコツコツとメンテナンスをする。
メンテナンスをしていると、「アリとキリギリス」という言葉が浮かぶ。ご存知の有名な童話。

キリギリスだったんだけどなあ・・・
僕はそうして過ごしてきたつもりだったのだけど。

いつの間にかちょっぴりアリに変身したのかもしれない、こんなことをしていると思う。


参加してます。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2005-12-30 12:44 | 日々の出来事
2005年 12月 25日

失敗

d0029974_10405669.jpg


久々に失敗をした。せっかくのクリスマスだというのに、すっかり意気消沈・・


工房を始めて、僕が得た教訓。
それはお恥ずかしながら皆さんご存じの言葉「急がば回れ」だった。

工房を始めた当時、何がなんだかわからない事ばかり。
何をするにも試行錯誤という有様だった。それゆえ、一つの終着点にたどり着くまでにいくつもの道を通り、通行止めにぶち当たりふりだしへ戻る。
それからまた完成に向かって進むということを何回も繰り返し、時間やお金を無駄にしている。

分からないからこれは仕方ない。誰だって自分にとって未知な事をするときには間違えを繰り返す。けど、僕はこの過程で問題があった。
僕は基本的に「ずぼら」なので、面倒な事をすっ飛ばして次に進んでいた。

まあいいか、このセリフで次に進むと結局後戻りになる。仕事が後戻りしてしまうのは、次へ進む為のステップをしっかりこなしておかないことが最大の原因だと、へとへとなのに何も進まない事実を繰り返し気がついた。

なので、最近は石橋をたたくほどでは無いにせよ、ちょっとは色々と段取りをしてから各ステップをきちっとしなくては、という意識で仕事を出来るようになった・・・つもりだったのだけど!


段取りをして挑んだだけに昨日の失敗は落ち込んだ。失敗の詳細は書かないけど、久々ににが〜い気持ちでクリスマスを過ごす事になってしまった。
サンタさーん。潰してしまった窯のあの部品をちょうだーい。(泣)

大人になると、欲しいものも可愛げがありませんな・・・


参加してます。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2005-12-25 11:25 | 日々の出来事
2005年 12月 23日

あすなろ

d0029974_16252911.jpg


アスナロ、ヒバともいうが有名な樹木がある。「明日は檜になろう、あすなろう・・アスナロ」という命名は有名で、あすなろというネーミングはあちこちで見る。
このネーミングを使っているのは明日に向かって努力する、という希望的な意味合いを持ち、学校や教育に関する団体が使うようでもある。


「ああ、檜じゃないな・・・」と僕が自分を毎年のように卑下してみるのは決まってこの時期だ。
この一年、何をした?いつも問いかける。

こまごまと色々やってみたようでもあり、またなーんにもしないでこの一年を過ごしてしまったようでもあり。
毎年、新年には今年こそ「・・・をしよう、になろう」とアスナロならぬコトシナロと思い続けて「ま、大人は忙しいしな・・」となんとなく弁解して終わる一年を過ごす。

今年を振り返るにはまだちょっとあるので、あと何日かに懸けてみてもよいけれど、予定表を見るともうきっちり詰まっていて、あまり驚きのある展開とはいえなさそうだ。

この歳で成長を願うのはちと無理があるけれど、牛歩のごとく歩んでいるペースを来年の干支である犬のスピードに・・・
てなことを願いつつ、年末の仕事を今日もチマチマこなしている。


参加してます。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2005-12-23 16:44 | 日々の出来事
2005年 12月 22日

はしゃぐ

d0029974_14145262.jpg

目を覚ますと雪景色。

京都市内で雪が積もることは毎年一冬に一度か二度。それも雪景色は目覚めの幻みたいに昼には消えてしまうのが通常だけど、今回は消えそうにない。
たまたま教室の日ではなく、来客もなかった。車はノーマルタイヤだ、運転の自信はないし、工房にたどり着く自信もない。

やらねばならぬ事はたんまりあるが、ここは自由業の本領発揮で出勤するヒトビトに優越感を抱きながら、布団の中でぬくぬくする。
起きだして、冬休みに突入した娘とひとしきりホットカーペットでゴロゴロしてから外で雪だるまを制作。本当は寒い外に出るのはとっても嫌だったけど、愛娘にせがまれたらそうはいくまい。
ばっちり着込んでいざ、雪景色に突入。
きしきしときしむ雪を踏みしめ、固め、ころがして、すこしづつ雪玉を大きくしていく・・・

気がつくと、娘は疲れて座って見ている。僕はひたすら雪を転がして着込んだ服が暑い。
童心に戻りはしゃいでいたのは僕だった・・・


参加してます。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2005-12-22 14:12 | 日々の出来事
2005年 12月 20日

恒例行事

d0029974_2336932.jpg

久しぶりの更新です・・・・

なんという時間の早さ。
12月だけ別の速さで時間が流れているのかな。一週間が一日のようでもあり、10日のようでもあり・・・感覚がちょっとおかしい。

今年もまた工房で恒例の吹きデモンストレーション&忘年会をした。
僕なりの生徒さんへの感謝のつもり。そして普段の教室では、お手本となる動きをあまりお見せする時間がとれないので、せめてこの日にちょっとでも参考にしていただければとの思いを込めて、解説をしながら制作をしている。
だが、今年は間が悪くこの冬一番の寒さが到来して朝から珍しく雪景色・・・
おかげで朝はさすがに人も少なく、来られなかった方もいて、残念な限り。

このデモンストレーション、始めた頃はなんだか緊張して、ただひたすら黙々と制作し、それを生徒さんに見てもらうようなことをしていたが、最近では話しながら吹くようにしている。
というのも、ポイントとなる細かい手の動きなどは、全員に見てもらうには難しい。それを補足すべく、話すのだけど吹きながら喋るのは結構大変。
冬とはいえ、制作していると暑いし、設備の出す音に負けないように大きな声で話しながら吹いていると、口の中がからからになってくる。
朝から夕方まで話し続けて、終わる頃には体はともかく、口の中が・・・

終わる頃には極寒の外の空気がすがすがしく気持ちいいくらいになった。
これが終わると今年もそろそろ終わる気持ちになってくる。


参加してます。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2005-12-20 23:58 | 吹きガラスの事
2005年 12月 15日

ハンサム

d0029974_19294867.jpg


顔の話で恐縮だけど、ハンサムがいる。美女もいる。
テレビをつけるとそんなのが一杯いる。
残念ながらその反対の人もいる。

さて、ではハンサムとその反対の人では造形的にどのくらい違いがあるかというと・・
僕は専門家ではないので、いい加減に書くけれども、そんなに大差はないと思う。
1cm以上差のあるパーツってほとんど無いのではないかな。
鼻の高さ、まゆげの位置、目の大きさ・・・顔における各パーツの位置とパーツ自体の寸法、これを比べたらどのくらいの違いだろう。
だが、そのわずか数ミリの差が異性にもてたりもてなかったり、美形と区別される。

そしてやはりガラスの話になるのだけど、こちらも美形とそうでないものの差というのがある。
同じグラスを作っても、美形とそうでないものがある。
両者の差は、顔どころではない。
微々たるもの。ミリ単位でえらい違う。
これは出来上がったものを見ると一目瞭然にもかかわらず、寸法を見るとほとんど同じだったりする。わずかに口の開きが反った、ほんの少し比率が違う・・・など、かなり細部まで詰めないと、納得出来るものにならない。
自分で作っているからそうかな、とも思うけど多分ちょっと注意深く見ると、他の人も感じるかもしれない。

ハンサム君を量産したいけれど、世の中のハンサム君がいる比率と同じで、あんまりお目にかかれない。
だからハンサム君なのだろうけれど。

(写真はハンサム君という訳ではありません、あしからず。尚、世間で流行りのイケメンという言葉、僕はあまり好きではないので使いません。)


参加してます。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2005-12-15 19:51 | 吹きガラスの事
2005年 12月 10日

冬の光

d0029974_23175716.jpg


冬になり、めっきり弱った太陽の光が、古綿色の雲の隙間から降りてくると、夏にはあれほど暑さに苦しめられて憎らしかった光が、まるで大切なものを授けられるような気分になるから不思議なものだ。

夏の光はぼんやりと輪郭をぼやかして、それでいてじりじりとぐいぐいと押さえてくるようなのに、冬にはその力はすっかり無い。
でも、そのかわりにかりかりと、とがったような一瞬の輝きを見せてまた消える。

なんだか忙しいから、ゆっくりとしている暇はないけれど、とても長い時間に思えるようなそんな瞬間。


参加してます。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2005-12-10 20:17 | 日々の出来事
2005年 12月 08日

忘年会第1号

d0029974_942639.jpg

ステンドグラス、フュージング(板状のガラスを溶かしてアクセサリーや器などを作る技法)などをしている友人が大阪にほど近い奈良県生駒に工房を構えたので、お祝い&忘年会を兼ねて訪問。写真は友人のスタジオに飾ってあるもの。
教室も開始したので、お近くの興味ある方いかがですか?グラススタジオ・ブルーって工房です。

僕らのような自前の工房でやっていると、普通の会社のように沢山の人と一緒に仕事をすることはなく、一人でこつこつと作業をしていることが多い。
自由でいいねと言われる反面、仕事上の問題や疑問など悩むことは多い。そしてそれについて、アドバイスや実際に仕事を共にする人は少ない。一人悶々と大丈夫かなあ・・と思いながら突き進むことが多々ある日々。

そんな訳で、技法は違えども共にガラス分野で自分の工房を運営するということで、日頃感じていることをダラダラと出し合って、色々と話も盛り上がり・・・

うわあ、気がついたら7〜8時間も飲んでるよ!
アルコールが入ると次の日、吹くのが辛いんだなあ・・・
すっきり楽しかったけどね。


参加してます。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2005-12-08 23:41 | 日々の出来事
2005年 12月 05日

かえりみち

d0029974_1128645.jpg


子供の頃、学校からの帰り道。
友達と鞄持ちをしたり、雑多なくだらない話に夢中になりながら帰ってくるのも楽しかったが、一人でトボトボと家に帰るのも嫌いではなかった。

空想癖があったので、読んでいる漫画の主人公がもし、今ここにいたらどうなるだろうとか、小さな小石を蹴って帰りながら小石に何かしら人格のようなものを持たせて、蹴って進む方向に理由付けをしてみたり、はたまた落ち葉や虫などの自然に何かしら見いだしたり。

友達と遊んだり、家族や兄弟で過ごす時間の間のわずかなすきま。
学校からの帰りはそんな時間だった。
子供にとって、そんな一人での空想や考え事はとても大切な時間のように感じる。
「もし、・・だったら。もし・・ができたら」
そんな夢や空想が現実の世界と少しずつ入れ替わり、人は大人になる。だが、子供の頃に培われた夢や空想が、大人の人生に大きく影響するものだと僕は思っている。

ところが、最近立て続けに起こる子供が犠牲になる事件によって、子供の帰り道は事件に巻き込まれるかもしれない、というリスクを抱える時間に変貌してしまった。
子供はシンプルだ。かわいい犬がいればそちらへふらふらと行きたいし、蹴った石が坂を転がり落ちたら、坂を下る。
今はその道草をゆるさない。子供を守るため、帰り道をがっちりガードして道から外れないようにする。GPSのついた携帯を持たせて居場所を常にチェックして、防犯カメラにその姿を映し出す必要まで出てきた。もちろん、それが悪いのではなく、犯罪が悪いのだ。


戦争やテロが頻発する国に比べたら、まだまだ安心だと言えるかもしれないけれど、一見平和そのものにみえる国で、平和そうに見える人々の中に孕んでいる危険を、自らの手で作り出してしまったかのような社会にどうしようもないやるせなさを感じる。


参加してます。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2005-12-05 11:57 | 日々の出来事