あるガラス吹きの徒然日記。

glassrooms.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2005年 04月 30日

南の国で

d0029974_22301588.jpg


大学時代からの親友がいる。
彼は、僕と同じ某芸大の建築学科に入学した。入学してすぐに親しくなり、お互いに下宿していたこともあり、やれ食品の買い出しだ、課題の材料を買おう、本屋へ行こうとよく動いた。そして建築を見にヨーロッパも一緒に回った。
大学の4年間、結構な時間を共有した。
僕らは建築の好みとか、考え方にはやや違いがあったが、建築やデザインのこと、そして作るという事についてかなり真剣に話し合った。もちろん20代になったばかりの青年だから、概念的、哲学的というか、とにかく青臭い話ではあったが。そして特にヨーロッパを見てからはお互い建築に対してのジレンマみたいな物がむくむくと成長して、話は尽きなかった。

大学を出て、お互い社会人になり僕は住宅関連の設計、彼はゼネコンの設計にとそれぞれ道を進めた。
会う機会は少なくなったが、時々電話をするとやたら長く話し込んだ。
やがて僕は会社の仕事に疑問を抱き、退社してガラスと出会った。

そしてほどなく彼もゼネコンを退社して、ネット関係の仕事を一人で始めた。そこでコンピュータを通じてある島国と出会うことになった。その南の島国は地球温暖化の影響でもう少ししたら国全体が海に沈むかもしれない運命だった。
彼はそこでライフワークを見つけた。
温暖化で沈みつつある現地の状況を写真に撮り、その事実を広める活動を始めた。
その活動は少しずつ実を結び、あちこちで講演会をしたり、写真展をしたり、結構忙しいらしい。


僕は、自分の作りたい欲求を通し二酸化炭素を出す仕事を選んだ。彼は作ることより、環境を守ることを選んだ。
一見、正反対の道を進んだが、でもその仕事を選んだ過程をとても理解しているし、応援したいと思う。
僕のライフログにある「ツバル」という本の著者だ。いい本なので是非見て欲しい。

彼の活動のサイトも是非のぞいてください。http://tuvalu.site.ne.jp/
[PR]

by glassroom | 2005-04-30 23:03 | 日々の出来事
2005年 04月 29日

風にふかれて

d0029974_22144143.jpg


ここ二日程、日中はだいぶ暑くなってきた。昼間はTシャツで十分過ごせる気温だ。
いつ頃からだろうか、春物の服がほとんど不要になったのは。
勿論、仕事が仕事なだけに服は他の人よりすぐに薄着になるが、それより全般の気候があまりにもガラッと変わりすぎると感じる。

今年は冬が長かったから、桜も遅かった。春という季節が長く続くことを期待していたのだが、5月に入ればきっと夏日が続くに違いない。
日本には四季があり、それゆえに日本人独特の感性が生まれた、などといわれるが、もう日本は三季か二季という感じになってしまった。冬の次は夏?
今年はストーブを焚いていた次の日にTシャツで窓全開になった日もある。

環境問題には色々心配あるけれど、火を燃やしてガラスを溶かしている。
火を焚く仕事をしている、という罪悪感は心のどこかにいつもある。
何百年も前のガラス吹き達はそんなこと、考えたこともないだろう。難しい時代に生きているなあ、と仕事を終えて、それでもまだ心地良い季節の風に当たるとすこし憂鬱になってしまう。風はあくまでも心地良いのだけれど。
[PR]

by glassroom | 2005-04-29 23:29 | 日々の出来事
2005年 04月 27日

暑さと熱さ

d0029974_22402276.jpg


工房の中は暑いが冷房はない。なので当然夏の室内はどえらく暑い。
部屋の中でも上と下では温度が違うが、上では夏に50度くらいになるようだ。(部屋にある温度計が50度までしかなく、針が振り切れて分からない。)でも、窓を開けて風を入れていれば、そんなに「危険な」温度ではなく、まあ汗をだらだらかく程度だ。
こんなに暑くても、人間には適性があって最近はこの暑さにも慣れてしまった。教室の受講生の方も暑い暑いといいながら、作業が終わると風に吹かれて心地よさそうにしているから僕が特殊な訳ではない。

そんな暑さに平気でもいまだに慣れることができないのは「熱さ」だ。
昨日、あちちっ!という小さな火傷の話を書いた。こういう熱さは大嫌いだ。
吹きガラスの作業に慣れたら以前のように小さな火傷をすることはなくなった。けど、どうしてもあちちっ、という熱さからは逃れられない。

僕はガラスの形を整えるのに紙リンを使う。
これは新聞紙を水で濡らした束を手に持ち、直接ガラスの形を整えたりすることに使うのだ。この紙リン、当然ガラスに触れると焦げて、その一部は火の粉となって飛び散る。そんなに飛散する訳ではないので火事の心配はないけど、ちょっと大きな作品になるとその火の粉が腕にふりかかることがある。そうするとあぢぢ!!となるのだ。もう一つの手は吹き竿を持っているので振り払うこともできず、とても不愉快だ。

この不愉快さ、でも制作中の集中力がカバーしてくれる。あつっと思ってもやはり作品の方が大切だから不思議と耐えられるのだ。

と、まあ僕が工房で耐えているこの熱さも家では耐えられないことが多い。
特にダメなもの、それは「てんぷら」だ。
特にイカのてんぷら。こいつはいかん。ご存知のようにイカの天ぷらは油をよくはねる。僕は結構料理が好きだからてんぷらも作るけど、イカだけは怖いから防護して揚げる。Tシャツの場合は腕にタオル巻いたりしてイカを油に投入したらさっと逃げたりして、もう大変。妻は何を大げさな、といわんばかりに結構平気でやってるのに。
この熱さ、不思議とガラスに比べると数段熱い気がするから不思議だ。
[PR]

by glassroom | 2005-04-27 23:26 | 吹きガラスの事
2005年 04月 26日

羊たち

d0029974_2137287.jpg


火傷といえば、吹きガラスをしていると、とても危険なイメージを持たれるかもしれません。でも、そんなに火傷をしょっちゅうしているわけではなく、むしろ滅多にすることではないのです。
前々回書いた火傷など非常に珍しいので、思わず書いてしまいましたが。
でも小さな火傷ならちょこちょこあるのです。「あちっ!!」って感じです。


僕はガラスを学校で習った。学校なので同級生がいて、みんなほぼ初心者といってよい状態だったのだが、ここでちょこちょこ火傷をした。どういう火傷かというと、ガラスそのもので火傷をするのではなく、ガラスを触る道具が熱せられて、熱くなった部分をさわってしまうというものだった。
よくやってしまったその道具とはジャックと呼ばれる道具で、ガラスの形を作っていく過程で重要な役割をする道具だ。上の写真の大きなとんがったやつだ。
普段はジャックの先端を使っているのだが、別の動作として反対の部分を使うことがありその際に使っていたジャックの先端がひじの辺に当たり「あちちちっ」となるわけだ。

そんな訳でやけどをすると、ひじにジャックの形で火傷の跡が残ってしまう。
この筋が人によっては何本もあったりして。
でもこの筋を見つけると同級生はにやーっと笑って「おまえもやっちまったか」と、なんだか嬉しそうな表情をみせる。そして不可解なのは火傷をした本人もちょっとうれしそう。
「おお、ガラス屋の勲章つけちゃいましたか。」などと言うやつまで現れて・・・
まるで羊が牧場で「○○牧場」の焼き印を押されて喜んでいるようじゃないか。

まだかけだしの僕らはちょっとでも「ガラスをやってるぜ!」という印が欲しかったのだろう。でも、今僕がジャックで火傷をすることはない。
あれはやっぱり「ガラス屋の勲章」ではなく「不慣れの跡」そのものだったというしかない。

今、火傷はしないけど、ごくまれにジャックで「あち」とやってしまうことがある。
その瞬間、あの頃を思い出してしまう。
[PR]

by glassroom | 2005-04-26 22:47 | 吹きガラスの事
2005年 04月 25日

過密な都市で

d0029974_21405276.jpg

大変ひどい電車の事故が起こりましたね。いつもの日常が突然奪われてしまうという恐怖を見せつけられました。被害に遭われた方々を思うと何と言っていいかわかりません。


今日も昨日からの続きでガラスのことを書こうかなと思っていたのですが、この事故のニュースを見て、なんだか気をそがれてしまいました。なのでちょっと話題を変えます。
昔ガラスの先生とドイツに行ったことがあって、その時有名なアウトバーンを先生と車で走ったことがありました。
アウトバーンについての本当の詳しい事は知りませんし、間違っているかもしれませんが、なるほどと思った事がありました。

アウトバーンは本当に制限速度なしなんですね。ここでは車の性能が如実に現れます。僕たちはワーゲンのポロという小型車に乗って、それでも150Kmくらいでとばしてました。でもポルシェなんかは150Kmで走っている僕らをびゅん!と追い越していきます。良い車は速く、そうでない車は遅い。高い、速い車を買うことは目的地に早く着く。つまり時間を得する。時間を買うことなのです。

注目すべきはアウトバーンの測道でした。道も広かったのですが、その横がとても広い。一段低くなって道路と同じくらいの広さに何もない空間があります。
これはもし何かのトラブルや事故で道からはずれても、横のスペースに落ちて外へ出ないようにしてあるのだそうです。緩衝地帯なんですね。カーブは緩く設計してありますし、もし飛び出してしまっても緩衝地帯で外への影響も、落ちた当人も出来る限りの安全が配慮してありました。
日本だったらガードレールで跳ね返されて後続車とぶつかるか、外へ飛び出して民家にでも当たるところです。
一般の人々が色んな種類の車で高速に走って安全。すごい配慮だなあと感心しました。


京都などは特に密集しています。電車の事故は大阪と兵庫の間で起こりましたが、過密な都市でリスクを抱えている状況では人ごとではありません。
[PR]

by glassroom | 2005-04-25 21:39 | 日々の出来事
2005年 04月 24日

感覚的なことは

d0029974_21391711.jpg

ガラスの温度について再び・・・
僕は吹きガラスの教室をやっています。受講生の皆さんもやはりガラスの温度(=柔らかさ)の感覚をつかむのに苦労しているようです。

僕も始めた頃はそうだったのですが、形を変えようとしていじっているのに、なかなか形が出来てこない、ということがよくありました。
これは頭の中のイメージでは柔らかいつもりで触っているのですが実はかなり硬く、それを認識できていない事が原因でした。
受講生の方からよく「なんで先生はそんなに簡単に形を作るの」と尋ねられますが、これは温度が違うからなのです。
ガラスを常に粘土のような柔らかさに保つ。頭ではなるほどと思えるのですが、それを感覚で理解するのは難しい。

感覚で理解する・・一番簡単な方法は直に触ってみることですが、相手は1000度。触ることはできません。何か道具や熱を伝えない物を介して触るしかありません。
さわれたら、さわれたら。
そして僕はある時さわってしまいました。
もちろん、わざとじゃありませんよ。ガラスをつかむ耐熱グローブが破けて親指が出ていたことに気が付かなかったのです。
その瞬間、ドンッ!と指に五寸釘を打ち込まれたような衝撃でした。忘れられません。

その親指、そこだけ今でも指紋が妙な線になっています。特徴ある指紋です。
もう犯罪はできません・・してませんけど。
[PR]

by glassroom | 2005-04-24 23:16 | 吹きガラスの事
2005年 04月 23日

力の入れどころ

d0029974_23292091.jpg

とけたガラスで作業をしていて一番日常と違うことは温度だ。ガラスはいつも1000度以上の温度で溶けていて、作業しているときもそれ前後だろう。600度くらいになると、もう石と同じ。カチカチで何もできない。
溶けたガラスと気温の差は1000度なのだ。当然あっという間にかちかちに冷えてしまう。
僕がまだ吹きガラスの初心者だったころ、この「ガラスが冷えていく」という感覚をつかむのにすごく苦労した。
普通のものは何でもそうなのだが、かたい時は力を入れたらいい。なかなか形が変わらないなら、時間をかけて力を入れ続ければその対象は変形していく。
ちょっと硬い粘土は、ぎゅーっと長いあいだ押さえたらくぼむ。ジュースの缶が硬くても、力を入れ続けたらへこむ。
これが子供の頃からの普遍的な事実だった。

けど、ガラスは違った。
思った形にしたいと力を入れても時間をかけて押さえても、形は変わらなかった。それどころか、再び火に入れて温度を上げても時間をかけて冷やした物はなかなか温度が上がらず、半煮え状態で再び力を入れるので、ますます変な形になっていった。
こんなへんなモノを触ったことはなかった。
結局、普通と反対。つまり形を変えたければ短時間で、そして軽く触ること。
そして、自分の思い通りにしたければ、無理をしないで早めにあきらめる。これがつかんだコツだった。
そんなコト、あんまりないよね。「あきらめるな!がんばれ!」ってガラス吹きには通用しないかも。
[PR]

by glassroom | 2005-04-23 23:52 | 吹きガラスの事
2005年 04月 22日

今日の天気は

オフィスで働く人や、たとえばデパートの中で働く人には外の天気がわかりにくいと聞いたことがある。今日一日、暑かったのか寒かったのかそしてお日様は出ていたのか。

ガラス屋には天気は本当に大切だ。今週は始まりは暑かった。昼間は暑くてへにゃっとなった。
工房には冷房はない、暖房は事務室にストーブが一つ。暑ければ窓を開ける。寒いときは窯の前に行って暖をとる。原始的なのだ。だから暑いときは頭がぼーっとなって、身体がだるくて仕事が遅い。
寒いときはちぢこまってこれまた仕事が遅い。吹いているときは寒いことはないけれど、吹いてばかりという訳にはいかないから、掃除したり、メンテナンスしたり、冬に雑用をしているときはかなりつらい。

今週は暑い!とふんで、冷たいお茶を入れるピッチャーを作った。
教室をしているので生徒さんに冷たいお茶を振る舞おうと思ったからだ。勿論僕も飲む。
なのに、今日は何だ、えらく涼しい・・夕方からは寒いじゃないか。この時期、難しい・・
冷蔵庫にピッチャーを二つ。麦茶が眠っている。
d0029974_23105199.jpg

[PR]

by glassroom | 2005-04-22 23:11 | 吹きガラスの事
2005年 04月 21日

花粉症がようやく・・

僕は花粉症なんですが、最近ようやく山を越えてきました。
花粉症で困るのは作業中です。ガラスを吹いている時は竿とよばれるパイプを両手に持って、その先にはでろ〜んと溶けたガラスがあるものだから、ガラスがびよ〜んと落っこちていかないように常に竿を軸で回転させている必要があります。なので両手がふさがっているわけですね。つまり鼻がかめない・・・
そんな理由で花粉症は本当にまいってしまうのです。

ところで、ガラスは温度差に弱いのです。吹きガラスで何か作ると完成した時点ではまだまだガラスは熱く、たとえば紙なんかふれるとあっという間に燃え上がるような温度です。
こういうときに、たとえば水なんかをガラスにふれさせると温度差でびびっとガラスにひびが入ってしまうのです。できあがった作品はそのまま徐冷炉と呼ばれるところで急に冷えないように、じっくりと時間をかけて温度をおとしてゆきます。
なので完成時は特に冷えないように細心の注意を払っているのです。

もう2〜3年前のことですが。
その日はいつものようにガラスを吹いていました。春は夏のシーズンを前に忙しいのです。そして花粉症を押して吹かねばならないしんどい時期でもあります。
ぷぷ、とガラスを吹いてずずっ、と鼻をすする。これを繰り返し、ちょっと過呼吸になってくらくらしながらガラスを吹いていました。
そうして苦労して僕はようやく器を一つ完成させました。そ〜っと徐冷炉に運んで入れようとかがんで作品を持ち上げたその時!
あろうことか、鼻水を落としてしまったのです!じゅじゅ、という音と共に鼻水の形にガラスに細かいひびが入りました。
・・・・鼻水を垂らしながら呆然とする僕。
その作品はダメになったのは言うまでもありません。
d0029974_055879.jpg

[PR]

by glassroom | 2005-04-21 23:50 | 吹きガラスの事
2005年 04月 19日

京都のガラス屋でございます

僕はガラス屋です。
吹きガラスといって、溶けたガラスをぷ〜〜っと吹いて作るガラスです。
そして今日からブログ。猫も杓子も最近はこぞってブログなんぞ始めたりするもんだから、僕も負けじとやってみることにしました。
自分の書いた文章なんぞを公に見せるなんて、緊張ですがまあいいっか。のんびりそしてつれづれなるままにこのガラスと、そして活動のフィールド、京都などについて勝手な事を書いていきます。
さっそくですが、吹きガラスって知ってますか?テレビで見たことがあるって人も結構いるかもしれませんね。でも大半の人は見たり、作業を体験してみた人は少ないと思います。マイナーな分野なんですよ。
でも、吹きガラスは狭くてふか〜い洞窟のような世界が奥へ奥へとつながっています。この洞窟に入ったらなかなか出られません。なぜって、ガラスは難しい。そしてガラスはきれいだ。この2点に尽きます。
こいつを語りだしたらもう・・・夜通し語るかわり、これからぼちぼち書いていきますのでよろしく。
d0029974_17115861.jpg

[PR]

by glassroom | 2005-04-19 15:46 | 吹きガラスの事