カテゴリ:日々の出来事( 309 )


2010年 06月 14日

どっこいしょ

d0029974_1041393.jpg


ガラス勉強中のMさんとよもやま話。ブログの話になった。
「全然更新してませんよね。」
「長い事ブログやってるから書くネタが無くって・・・。」
「とりあえず、なんでもいいから日常を更新すべきですよ。」
「写真とか撮らないとだめだし、内容も考えなくっちゃ。」
「そんなん構えてるから更新できないんですよ。ブログは更新が命ですよ。」
「・・・・・」
「開いてみて、更新してなかったらダメですよ。」

ぽんぽん指摘されて撃沈。
最近はツイッターが流行っているからすごく興味はあるけれど、ブログのじっくり感も捨てがたい。
写真だって、ちょっといいの、撮りたいじゃない・・・

きっと僕は構えてるんだろうな。
「どっこいしょ」と構える姿は若いMさんからしたら「おっちゃんのパソコン」使いなのかしら。
ツイッターにしたら軽くできるかな。
とりあえず、いつもの一眼を置いてiPhoneで写真撮って軽く更新してみたけれど・・・
いまいち、この写真では納得できぬ。
うむ。やっぱりどっこいしょと構えてこれからもやろう。(笑)
[PR]

by glassroom | 2010-06-14 11:08 | 日々の出来事
2010年 06月 12日

誕生日

d0029974_2041847.jpg


昔は、「血統書のある犬」というのはイコール「お金持ち」の象徴だったような気がする。
サザエさんの4コマ漫画に「あの家、血統書のある犬がいるのヨ!」という台詞、僕は覚えている。
犬と言えば、拾うかもらうかで家に来るのが当たり前の時代・・・

我が家の愛犬は誕生日。
誕生日がわかってるなんて、拾った犬では無いことだった。しっかりと「血統書」に誕生日が記載してあるうちの犬。血統書もポピュラーになったものだ。
今日も工房で生徒さんに撫でられ、だっこされ、ちょっと大人顔の瞬間も、やっぱり人恋しい犬になってしまった。
いよいよ暑い工房、おまえはこれからどう過ごす?
[PR]

by glassroom | 2010-06-12 20:56 | 日々の出来事
2010年 06月 10日

ぶどう

d0029974_2219397.jpg

ホームセンターで買ったブドウの苗。
工房に植えてから2回目の夏でようやく実りをつけ始めた。
地面に植えた時はまだ50cmほどの高さで葉を少しつけたひょろひょろの苗、冬には葉を落とし枯れちゃったんじゃないかと思ったが、春になると芽吹き葉を広げ枝を伸ばし始めた。

最初の春から秋は成長して精一杯。実を付ける余裕は無かった。
今年はようやくこうして実を付けた。

ガラスを始めて結構な時間が過ぎた。
ぶどうのように僕は素早く実を付けることはできなかったが、ぼちぼちよりよい実を付けないと。
え、もう実が痛んでるんじゃないかって。
では、ぶどうより大人のワインということで。
若いぶどうの実が少し羨ましいな。
[PR]

by glassroom | 2010-06-10 22:30 | 日々の出来事
2010年 06月 03日

DIY魂

d0029974_11371968.jpg


強風が吹いたある日、外していたサッシが倒れ、大きな音を立ててガラスが砕け散った。暑い工房に少しでも風を入れるため、いつもサッシを外していたのだ。

ガラスといってもこちらは僕の専門外。早々にガラス修理に見積もりをしたら・・・
う、高い。ちょっと、この出費は痛い。これは・・・自分で直そう。
そして、この決断から泥沼が始まった。

ネットで、とりあえず板ガラスのみ販売を調べ、サッシの寸法を測ってオーダー。修理屋さんを呼ぶより、半額以下で収まった。とりあえず、空いた窓にはベニヤ板を買ってきてはめ込み仮止め。
我ながら迅速な対応だと、満足満足。
2、3日たって、板ガラスが届く。どれどれ、工房の皆で早速はめ込みしてみよう!

そうしたら、なんと。
サイズがちょっと小さいではないか。ほんの数ミリだけど。
ほんの数ミリでも、厳格な工業製品、ガラスが落ちちゃう。うう、これは・・・マズい。おまけに古いサッシ、ガラスを止めるゴムがビロビロに伸びて使い物にならない。このゴム(グレーチングチャンネルという)を買いに走るが、ホームセンターにはそんなもの売っちゃいない。ネットにも見当たらず。

うーん、こりゃ困ったぞ。板ガラス買い直し?それでは修理屋さんを呼ぶのと値段が同じじゃん!それに隙間ゴムないし。

ここでどうすべきか行き詰まり、窓は数日間放置。
最初はベニヤの窓がかっこわるくて仕方なかったが、慣れてきたらまあいいかという気持ちになってくるから不思議。

そして、窓枠を自作したらいいという結論に至る。
薄いベニヤ板を買ってきて、切って張合わせチャンネルを作る。もちろんサイズを間違えないように計って。

そして、できたら窓につけてサッシに入れる。
・・・今度はでかくて入らない。(笑)
サッシをヤスリで削り、カッターで削り、ガラスをちょっと面取りしたり・・・
何度もサッシに入れる。

入らない・・・
その度、ドリルだ、ヤスリだと工具が散乱。汗だくで疲れ果て。

皆総出で丸二日はかかったかな・・・
ということで、安くついたんだかなんだか。レトロな枠の窓ができあがり、満足満足。
[PR]

by glassroom | 2010-06-03 11:40 | 日々の出来事
2010年 05月 19日

スタイル

d0029974_1485729.jpg

せんせいのブログは犬ばっかしやし、と生徒さんに指摘されつつもまたも愛犬の話題で失礼。
昔はガラスばっかりのブログだったのに今は犬ばっかり・・・・


子供のアレルギーを気にして、毛の抜けない犬種ということで我が家にやってきた愛犬スパイス。だが、毛が抜けないということは切ってやらないと伸び放題。それなりのスタイルが必要になった。
「シュナウザーは精悍さを出すスタイルが普通なんだけどねぇ。」とトリミングをしている人に言われつつ、幼犬のふわふわ毛並みを触りたいのでプードルみたいなカットにしてしまった。

プードルみたいな「可愛さ」を重視していたのは娘。だから戻ってきた愛犬に一番に娘は駆け寄って「わー、スパちゃん!かわい・・・・あれ?」・・・どうした娘。
「・・・・」
「どうしたの?」

「なんか変」
「何が?」
「前がよかった。」

これはびっくり。一番喜ぶはずの娘が喜ばないとは。
・・・確かに珍しいプードルになっちゃったような感じではある。人間と違って、救いは本人、いや本犬が全然気にしていないところ。目にかぶさる毛がなくなり、厚いコートを脱いだようなさっぱりした表情だ。人間には微妙な評価を受けながら、本犬いたってすっきり。

犬のスタイルなんて、所詮誰かが決めたものだろうとタカをくくっていたのだが、定番には定番の理由があるのかも。ガラスで未知なスタイルの器を作ってやろうと思っても、なんだかけったいなものになってしまう理由を見た気がした。

強引にガラスに引き寄せて、本日の記事終了。(笑)


おまけ
d0029974_16272277.jpg

カット前・・・ぼさぼさ
[PR]

by glassroom | 2010-05-19 16:18 | 日々の出来事
2010年 05月 18日

どうぶつのこころ

d0029974_1119947.jpg


かつて猫を飼っていた時に感じたことを犬を飼い始めて感じるのだが、動物の感情の細やかさには驚かされる。人の言葉を持っていないだけで、感じている事は同じなんじゃないかと思う。

ちょっと疲れて外出を諦めた休日。人はテレビを見て、本を読み、それなりに時間が過ぎてゆく。字の読めない愛犬は床に広げた新聞にどっかり腰を下ろして、邪魔をする。(猫もそうだった。)読んでる事を知ってるくせに。きっと。
そして人が相手をしないと・・・外を眺めて過ごす。
ああ、哀愁の背中。


ニュースで宮崎の牛や豚の災難を見る。
ウイルス性の疫病だから仕方ないけれど、あまりにもかわいそう。食料として生産される命のさらなる災難。
彼らにもきっと感じていることが沢山あるにちがいない。
[PR]

by glassroom | 2010-05-18 12:10 | 日々の出来事
2010年 05月 17日

もう・・

d0029974_11445719.jpg


今年は寒い、涼しいという事をブログに書こうと思っていたら、あれあれ。
暑い・・・

繰り返される毎年のサイクルをすぐに忘れる。そうそう、この季節、雑草にやられる僕の鼻からは鼻水が滴り、急な暑さにちょっとぐったり。
参った参った。
[PR]

by glassroom | 2010-05-17 11:47 | 日々の出来事
2010年 04月 28日

声が・・

d0029974_15381959.jpg


机の前にどっかと腰を落ちつかせる余裕はあまり無く。
ついつい、バタバタと動き回り、気がつけばその日も終わるような毎日を過ごしていると、ふと錯覚に陥る。
「今日も忙しかったな・・」
この「忙しい」は「仕事をしたな」ということと同意語のつもりになっている。
けれど、実はたいしたものを作っちゃいなくて。
きっと、それだから・・

寒い夕暮れ、いったいいつまで寒いんだろうと思いながらスケッチブックとガラスのパーツに囲まれていると、ふと声が。

「・・・れ!」

ん、と見回すが声は無く。
すると急に声は大きくなり。

d0029974_1544865.jpg


「はよ、作れ!」と声がする。

・・・ああ、作りかけのパーツから声が。
僕を完成させてくれと、悲痛な声が。
この声が聞こえだすと、かなりマズい。
やらなあかん。
作らなあかん。

困った仕事をしているものだ。
ついでにブログからも「アップせえ!」と言われたような気がして、ついついこうしてつまらぬ文章をしたためる。(笑)
[PR]

by glassroom | 2010-04-28 15:49 | 日々の出来事
2010年 04月 16日

長距離走のごとく

d0029974_13315671.jpg


気がつくと、この4月でブログを始めて5年目が過ぎようとしている。
5年?えっ。

小学生の時、6年間があんなに長く感じたのに、こちらは5年があっという間。
ぽちぽち過去の記事を読み返すと、なんだか恥ずかしい。
初めの頃はずいぶんと気負いして書いているな、というのが丸わかり。
覚えている文章もあったけど、あれ?こんなこと書いたっけ、という日記もあって、あれあれあれと恥ずかしい。

自分の昔作ったガラスを見ているようだ。
そのときは最高のものを、と勇んで作っているが時間を経るとあそこが気に入らない、こうすればよかった、とそればかりが目立ってきて、作者としては作り直したい気持ちになるものだ。

文章をもう一度書き直すのはとてもできないけれど、これからはもう少しリラックスして書いていこう・・・
あ、でももうすでに力んで書いてはいないなあ・・
[PR]

by glassroom | 2010-04-16 13:34 | 日々の出来事
2010年 04月 05日

お散歩

d0029974_1121647.jpg


久々に晴れた日曜日、愛犬のお散歩が気持ちいい。
少し足を伸ばして、裏山に向かう。
狭い道が多いこの辺り、車を避けて道の端をそそくさと進み、ようやく山道に入る。

京都は色々と桜スポットがあって、今はどこも人で賑わっているが裏山の神様には訪れる人も無く、小さな川のせせらぎと時折吹く風の音くらい。そんなところにも、ひっそりと桜は咲いている。
僕はこういうひっそりした桜も好き。

d0029974_11355748.jpg


いくつも並んだ鳥居は時折倒れそうなくらい朽ちていたりする。
愛犬とともにその鳥居を一つ一つくぐって進む。
土の香り、落ち葉を踏みしめカサカサ。普段は人の環境の中で人の子供みたいに振る舞う愛犬は急に野生の動物みたいになってくる。
斜面を走り、せせらぎの水を飲み、ぴょんと根っこを超える。
d0029974_11464186.jpg


リードを外してあげたいけれど、なんだかそのまま何処かに走り去ってしまうのではないかと、思いっきり伸ばしたリードを引っ張られて一緒に駆ける。
わずかな時間のお散歩だけど、これで少し元気になったような気がするなあ。
[PR]

by glassroom | 2010-04-05 11:55 | 日々の出来事