あるガラス吹きの徒然日記。

glassrooms.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日々の出来事( 309 )


2011年 04月 29日

いつからか・・・

d0029974_18425657.jpg


原子力発電、なんとなく知っていたけれど今回の事故をきっかけにそのしくみについてあちこちで目にするようになった。
ウランとかプルトニウムに中性子が当たって、そこからさらに中性子が飛び出し他の原子に当たる、その際発生する熱を利用して、タービンを回しなんたらかんたら・・
いろんな話を聞けば聞くほど、読めば読むほど難しい。人って賢いなあ・・あ、でも自らの生存を脅かすかもしれないものを作る、本当に賢いの?

工房の周囲には古い農家や建物がまだ結構残っている。
愛犬と散歩していると、こんな看板を残した建物に出会う。今は民家だがここは元々、燃料屋さんだったようだ。

少し前の日本人が使っていたエネルギーだ。山から木を切って焼いて炭にする。それでご飯を炊いて、風呂を沸かし部屋の暖をとる。そんな生活がちょっと前までこの国にあったのだ。
電気という便利なエネルギー、じゃぶじゃぶ使う生活が当たり前になってしまったけれど、こうして残された看板がそれでいいのかい?と問いかけてくるようだ。
[PR]

by glassroom | 2011-04-29 19:05 | 日々の出来事
2011年 04月 14日

息抜き

d0029974_11192349.jpg

裏山へ。
誰もいない鳥居をくぐり、スパイスとどんどん上る。
山の神様を奉る神社、森だけど人が作ったところ。
でも、人の姿はいない。僕とスパイスだけ。

スパイスは元々狩猟犬を祖先としているだけあって、こういう場所にくると、斜面でも岩場でもぐんぐん走り、土の匂いを嗅いで何かを探している。
僕は息が切れて、途中で立ち止まる。
d0029974_11231147.jpg


人は居なくても、誰かが演出したような場面があって、すこし不思議。
ようやく頂上。
ご神体を前に少し得意げなスパイス。
d0029974_11274850.jpg


このところニュースも世相も何もかも息がつまりそうで、なんだかしんどい。
本当に被災された方々はそれどころじゃない、比べようもないほどの苦難の中におられるのに、そんな事思ってる場合じゃないが。
でも深呼吸をして、すこし力を抜いてから降りると、ちょっとすっきりした。
[PR]

by glassroom | 2011-04-14 11:38 | 日々の出来事
2011年 04月 11日

その2

d0029974_23262322.jpg


そんな訳で、マニュアル嫌いの僕はまずほとんどのモノについて、我流で操作してきた。
パソコン、テレビ、ビデオ・・・
だが、おっさんになってきて一つの症状が現れていた。

ちょっと前から家の給湯器が怪しくなってきた。お湯を出しても水のままだったり、給湯を操作するパネルがぢぢっと嫌な音を立てて、表示が消えたりする。
怪しい動作のたびに電化製品の定番、リセットをする。給湯器の電気をつなぐコードを引っこ抜いて、差し直す。リセットをすると一旦正常に戻りホッとするのだが、また怪しい動き。
そしてついに給湯器が完全に壊れ、新しいものと交換する事になった。
新しい給湯器、性能もぐっと上がってお風呂の湯量や入れる時間を設定できたり、色々な機能が増えた。
だが・・・僕はなぜか新しい給湯パネルにちょっと手こずった。
原因は「いじるのが怖い」という症状。何でも壊れてもいいからいじくり倒す。これがマニュアル嫌いのただ一つの未知なるものに対する克服方法なのに、いじるのがちょっと怖い。
間違ったらどうしよう、変な事になったらどうしよう。おっさんになってそんな気持ちが頭をもたげてきたのだ。
致命的だ。さわるのが怖くなったらマニュアルを読んで、理解してさわるしかない。
だが、マニュアルを読むのはめんどくさい。

かくして僕は何も出来なくなってゆくのだろうか・・
まいったなあ。
[PR]

by glassroom | 2011-04-11 23:30 | 日々の出来事
2011年 04月 08日

どんどん早くなる

d0029974_23111567.jpg


最近、読んで面白かった本。
福岡伸一著「動的平衡」

「生命とは」という問いに、分子生物学者の視点で目からウロコの答えが書いてあった。僕のようなシロウトではうまく要約出来ないので、この分野が好きな人は読んでください。
で。本題ではないけどこんな話も載っていた。

歳を取るとなんで時間が早くなるのか?
僕もかなり昔、このブログで書いたことがあるのだけど「子供は人生で一年の割合が大きいけど、歳をとると一年の割合が小さくなる。人生にとって一年は何分の一か、というのが変化するから。」とまあケムにまくようなことを書いて得意になっていた。(笑)
この本ではきっちりその説を紹介した上でしっかり否定してある。
・・・・まあ、そりゃ違うわな。

子供と老人を例えば時間がわからなような個室に閉じ込めて自分の勘、つまり体内時計の感覚だけで一年を計ってもらうとどうなるか?
答えは意外や意外、子供の方が短く感じ、老人の方が間違いなく一年を長く感じるという。
では何故にそうなるか。
細胞の活動が衰えているからだということだ。活発な子供の細胞にくらべゆっくり活動するので体内時計も遅くなるということらしい。
体内ではゆっくりと遅れた時計、しかし現実の時間は正確に刻み続ける。だから現実の時間に体内時計が追いつかなくなるとのこと。
なので、自分では「まだこの時間」と思っていても、現実は「もうこんな時間」となるらしい。これが時間を早く感じさせるカラクリだと述べている。

あまりに納得。

そして、僕はまた思う・・・
え!もう4月。
ああ、それって。
ヤダヤダ、考えないでおこう・・
[PR]

by glassroom | 2011-04-08 23:21 | 日々の出来事
2011年 02月 11日

コネタ

d0029974_11214637.jpg


初めて携帯から投稿してみた。

買ってきた肉まんに、人面が。
思わず、娘が目の部分を作り完成。
[PR]

by glassroom | 2011-02-11 12:09 | 日々の出来事
2011年 01月 31日

違和感

d0029974_141457.jpg


あちこちで、いつ頃からかこういう表現によく出くわす。
「勇気をもらいました。」
「感動をありがとう。」
さらにネガティブな表現に「心が折れた。」というのもよくある。
決まり文句で使われるようになったこの表現、違和感を感じる。
以下、僕の勝手な独り言である。

勇気は、何かしたいこと、しなければならないことがあるけれど、その行為をすると一緒に嫌なこと、不都合な事もある。だから二の足を踏む、それでもそれを乗り越え行動する力の源。
確かに、決心のつかない時にがんばっている人を見ると、躊躇している自分の背中を押されるような気持ちになるのはわかるけれど、勇気は「もらう」ことはできない。結局、勇気をふり絞りひねり出すのは自分の心しかないから。
感動も「ありがとう」は妙だと思う。「ありがとう」は与えられたものに対する感謝の言葉、感動は何かに触発されて自分の心にわき上がる感情。「与えられた」感動って、ちょっと邪魔。
勇気も感動も、僕は「湧き上がる」もの。
そして、それを「与えよう」と思った事もない。

そして「心が折れる」
激しい落胆が「折れる」という表現になるのもわからないではない。でも、「折れる」というのは硬いもの。そしてついでに言えば、「硬くて細いもの」
心はそんなに硬くて細いのかな?

心は、柔らかく「じわり」としたものだと思う。心が「ぎゅう」と押しつぶされそうになったり、「じわり」と湧き上がる感情が染み込んできたりするけれど、ポキンと折れるいうのはちと違う。そういうときは、「ぶちゅっ」とつぶれちゃう感じだろうか。

上記の言葉、すっかり決まり文句になってじゃんじゃん使われるので気になってしかたない。
[PR]

by glassroom | 2011-01-31 14:16 | 日々の出来事
2011年 01月 25日

埃をフッと。

d0029974_1750211.jpg


実家でVHSのビデオデッキを借りてきた。家には古いビデオデッキがあるものの、調子が悪い。そしてVHSはさすがに使わなくなって久しい。ところが、昔のビデオカセットが残っていて、これを何とかしたかった。保存版のビデオが何本か、これをDVDかブルーレイに置き換えるのが目的だ。早速デッキをテレビに接続、昔のテープを放り込み再生ボタンを押す。
デジタル放送に慣れた目には、ザラザラの画面が思っていたより時間の経過を感じさせる。

イタリアの名匠が作るゴブレット。ガラス学校を出た頃、何度も何度も見たビデオ。これは宝物だった。
ハードディスクに入れながら、久々の映像に吸い寄せられる。映像が頭に焼き付くほど見たビデオ。
でも、久々に見たら長い時間でいつの間にか自分のイメージに変換していた事が沢山あった。ああだと思っていた事が、実はこうだった。こうだと思った事がああだった。

知らぬ間に自分に積もっている埃が少しだけ取れたような、いや取らなきゃと感じた瞬間だった。








[PR]

by glassroom | 2011-01-25 18:24 | 日々の出来事
2011年 01月 21日

日々思うこと

d0029974_10495327.jpg


僕はブログで自分の日常におけるつぶやき的心情をつらつらと書いて、世のニュースなどについては触れなかった。僕がニュースにあれこれ意見を書いたところで、世の中に何の関係もないし、人々に影響も与える事はない。書く事にあまり意味を感じない。
では、心情をつらつらと書く事はどういう意味があるのかと問われれば、これまた世の人には何の関係もない。自己満足ブログそのもので、そういう意味ではこちらも書く価値はあるのだろうかと言われてしまいそうだ。

ちょっと今朝のヤフートップをコピーしてみよう。

・石川議員の録音を証拠採用
・大分小2ひき逃げ 25歳男逮捕
・海外への番組転送 録画も違法
・NEC、レノボとPCで提携交渉NEW
・将棋プロの「直観」を解明写真
・本田、香川のゴールを切望写真
・ダル、古閑美保との熱愛否定写真
・「恋のから騒ぎ」3月で終了
今日の話題(12件)一覧

話題のニュース。
うーん、やっぱりこちらもだから?と思う事が多い。ダル・・の項目なんてよくわからない。ご勝手にというお話。

僕のしているガラスに関わる事も世の中に何かすごい貢献をしている訳ではなくて、僕の思いをただつらつらと連ねる日常から生まれている。それに共感して頂ける方も中にはいて、仕事にして頂ける。もちろんそればかりでは無いけれど、まあそういう事だ。
中国が日本を経済で追い抜き、焦りと沈滞の日本においてこんな事をしている自分はどうなの?と思わないでもないが、でもニュースを見ても何か核心を突く話は少ないと感じる。

自分のしている事はなんなのか、何が必要なのかと前からぼんやり思っていたが、その考えは段々と年月を経るごとに強くなる。
ふと見ると、自分に必要なことはほんのちょっぴり・・・かな。
そんな訳で、今年もつらつらと日々を重ねる事を目標とする。
[PR]

by glassroom | 2011-01-21 11:31 | 日々の出来事
2011年 01月 15日

今年の抱負は・・

d0029974_14452280.jpg




クリスマスとお正月ほど過ぎてしまうと「終わった感」のある年中行事はない。
いつまでもブログにお正月気分を貼付けてると、こりゃあいかんなと思えてくる。
気がつけば、1月も折り返し地点・・・
いかん!暦に取り残されている!!

今年は兎も角、暦を先取りして動ける事を抱負としてがんばろう。
[PR]

by glassroom | 2011-01-15 15:07 | 日々の出来事
2011年 01月 01日

今年もよろしくお願いします

d0029974_2352065.jpg


新年あけましておめでとうございます。
ぼちぼちと更新しているブログですが、今年も思いついた事をマイペースで書いていこうと思っています。
訪れてくださる皆様、今年もよろしくお願いいたします。
[PR]

by glassroom | 2011-01-01 00:00 | 日々の出来事