あるガラス吹きの徒然日記。

glassrooms.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 50 )


2006年 04月 16日

シロップ

d0029974_214812.jpg

シロップという言葉の響きに、ある感情が湧き起こる。

子供の頃、お菓子の種類は今ほど多くはなかった。
家には時々果物の缶詰があって、パイナップル、二つ割りの桃、みかんなどはなかなかの贅沢品だった。
缶を開け、桃を器に移す。ついでにシロップをそそぐ。
繊維にずぶずぶとフォークが沈みこみ、そして切り取られた桃。
口に放り込み、シロップをすこしすすり込む。
甘い、缶詰独特の果物の感触。

母は時々みかんの缶詰でゼリーを作ってくれた。溶かしたゼラチンにみかんを入れる母。僕は缶に残ったシロップを見つめ、ちょっとなめてみる。
みかんの味が少し移ったシロップ。
あと少ししたらゼリーは固まるだろう。そうしたら透明のぶるぶるした固体に沈むみかんを食べるのだ・・・・

あるいは風邪薬。
まるでミックスジュースのような色をした子供用の風邪薬。
苦い薬が甘い液体で溶かされている。この甘い液体もシロップという名称であることを知ったのは少し成長してからだ。
こちらは美味しいわけではないけれど、これを飲むのは学校を休んで、家で寝ている状態であることが多かった。
今頃、学校では算数だな、などと思いながらだるい身体を布団に横たえテレビを見る。
みんなは勉強しているのに、僕はテレビを見ている。そしてそれには風邪という正当な理由があるのだ。少し後ろめたく、そして守られているような安心感・・・・

缶詰のみかんを食べる事もめったに無くなり、風邪といえど手放しで気楽に寝ていられない今、シロップというと子供の頃の幸せな感覚が湧き起こるのだ。


参加してます。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2006-04-16 21:44
2006年 03月 11日

イメージバトン

d0029974_228995.jpg


仕事の哲学 仕事のオキテ」のfebruary_keiさんからイメージバトンというものを受け取りました。
一つの言葉から連想される言葉をブログ上でどんどんつなぐというやつですね。

1:お受けしたキーワード   「生命」

今までの流れを見てみますよ。
「イギリス」→「オースティン」→「サイケ」→「色」→「風水」→「融合」→
「文化」・「アメリカ」・「決断」→「海」→「ストレス発散」→
 「自分へのちいさなごほうび」→「ゆとりの時間」→「私のちいさなとっておき」→
 「家族」→「元気の素」→「S・W・E・E・T」→「夢」→「色」→「元気」→「光」 →
 「アングル」→「気持ち」→「空気」→「空」→「明日」→「生命」

つながってますね・・断ち切ったらどうしよう・・・

2:お渡しするキーワード  「偶然」
あまり解説はしません。ご想像にお任せしてみようと思います。

3:渡してくれた人へのメッセージ
いつも僕のぼやきを暖かい視線で見守ってくださっているように思います。そしfebruary_keiさんのブログを拝見すると、仕事と、ご自身の生き方に対しとても真摯に向き合っておられるなあといつも感心してしまいます。(ひょっとして仕事をご一緒すると、厳しいかも・・・と考えたり)
これからもよろしくお願いします。そして美しいキーワードをえらくひねた言葉にしちゃってゴメンなさい。

4:バトンをお渡しする3人

どうしよう・・・・あまりバトンとかした事無くて、不慣れです。
あれこれ考え頭の中に選考委員会を立ち上げ、候補者絞り込み会議をしたのですが、会議は物別れに終わり、お開きになりました。
よって、この記事を読んでいただいた誰か、名乗りを上げて続けていただければとおもいます。
って、こんなのダメですか?
[PR]

by glassroom | 2006-03-11 23:48
2006年 01月 31日

忘れられない一節

d0029974_22453179.jpg

とってもお恥ずかしい話だけれども、僕はあまり本を読まなかった。
子供の頃、もっぱら読んでいたのはマンガで、特に手塚治虫はもう僕の人格を形成するほど読みふけった。手塚はこれは深い深い世界があるけれど、それはまた機会があれば書く。

ようやく、青年という歳になって活字に親しむようになったのだけど、出会った作家でとにかく心を掴まれたのは遠藤周作だった。
どこがどう、という僕の思いをくどくど書いても仕方ないので、書かないけれども、彼の文章でとても印象深い一節をちょっと紹介したくなった。

もう三十数年前に書かれたエッセイの一節。
電車で騒ぐ若者に対して、忠告するように文章は始まる。
「まるで自分たちがこの列車を借り切ったような態度」の若者に対して、「電車の中には読書をしている人もいるし、眠りたい人もいるし、また病人もいる。」と続く。
そして彼らに「人生のなかで必要な想像力を養ってもいいと思う。自分がこういう行為をすれば、他人にどんな迷惑をかけるかという想像ができなければ、後になってどんな本を読んでも理解できなくなるだろう。自分以外の世界を想像する力のないものは、いかなる芸術作品もわからないからである。」と。

平易な表現でありながら、芸術と文学の核心を表しているこの文章と初めて出会って以来、この一節は忘れられないものになった。
そして、このところ嫌なニュースが続くけれど、この人達はまさに必要な想像力を養っていないのだろうなあ、と思うのだ。


参加してます。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2006-01-31 23:30
2006年 01月 18日

見ていて気持ちわるい

d0029974_955431.jpg

ガラスは正直だ。
というより、自分のする事は適正にガラスに反映される。
儲けてやろうとしても、良いものが出来ないとそれなりのものになる。
それなりの値段を付けるにはそれなりの技術と手間と情熱を注がねばならない。


なんだか世の中騒がしい。

時事ネタはテーマが違うので扱わないことにしているけど、騒がしいので気になる。
昨日のライブドアのニュース、そして耐震偽装の小嶋の証人喚問。どちらも個々の事件でありながら、堀江、小嶋の政治家への関与もあってすっきりしない。

先日、「家」がつく職業の事を書いたけど、政治家も家の字がつく職業。
その道を追求する、そしてその道を極め、自己の確立した哲学を持って進むべき職業。
特に政治家は先導的役割によってその国のありよう、国民の人生そのものにかかわってくる職業。

政治家・・家を付けるに値する政治家はどれだけいるのだろう。
僕などに裏で行われていることなど知るすべもないが、すました顔で「私には何も関係ありません。」と答えている政治家の面々。そして起業家、企業家(そんな言葉ある?)
どちらも家を返上していただきたい。


参加してます。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2006-01-18 10:19
2006年 01月 01日

おめでとうございます

d0029974_0345275.jpg


あけましておめでとうございます

年々、年越しの重みがなくなっていくような気がするのは、歳のせいかそれとも世の中の空気のせいかわかりませんが、年賀状ブログ版という感じです。

僕のつたないぼやきブログにお越しの皆様に年賀のご挨拶と感謝を申し上げます。
今年もぼやきつつなるべく作品は何か心に訴える力を持つものを作り出したいと思っています。

どうぞ今年もよろしくお願いします。


そしてこちらももうちょっと続けてみようかなと思ってますので、クリックいただけるとうれしいです。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2006-01-01 00:39
2005年 11月 28日

高揚と抑制

d0029974_2358096.jpg

ガラスを完成形にもっていくまでにはストーリーがある。

溶けたガラスを窯から取り出し、形を作り火で暖め吹き・・・
一つ一つの作業のどれが抜けても次へは進めないし、一つの作業をいい加減に終了させる事は出来ない。そんな事をすると、必ずそこから横道にそれてしまい、美しい最終形にはたどり着く事はできない。
だから各々の作業をしっかり考えたいのだけど、その場で考えてから動く時間は吹きガラスの場合まず無い。

作業に入る前にあらかじめ各場面が頭の中で映像化出来ていないと、いざその場面になると手が止まり、ガラスが冷えて変形し、本道に戻るためにえらい遠回りをする事になる。

こんな事を密かに、作る時に感じているものだけど、このドラマは作っている当人しか観る事ができない。そしてこのドラマに感動したり喜んだり、悲しんだりしているのも作っている当人だけだ。
このドラマが美しい終わりに向かっている時、当人は高揚している。
「おお〜きれいやん、スゴイやん、僕って天才!」・・・僕の場合、まあこの程度だが。

そしてこの高揚が危険だ。
各場面を美しく仕上げ、次の場面へと引き継ぐためには何より計画性と冷静さが必要だけれど、高揚はそれを忘れさせる。
だから高揚を抑制する理性が必要となる。

何度も見る。そうすると初めて場面を解析するだけの冷静さが生まれるものだ。
冷静さを生むというのは感動を抑えるということでもある。ちょうど感動する映画を何回も見ると飽きて冷静に観ることができるのと同じように。

結局、感動を抑えることによって、初めて感動するものを作れるかもしれない、とも言える。
随分と意地悪なストーリーだけど実はガラスだけではなく、どの世界でもそうなのかしら、と思いが至るのはガラスを始めてからだった。


参加してます。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2005-11-28 00:49
2005年 09月 14日

極端はいやよ

d0029974_20533699.jpg

いつまでも天候の話で恐縮だが、今日もやっぱり暑かった。
昼は真夏の太陽が照りつける。気温32度くらい、9月とは思えない。

しかし、夕立で涼しくなる。

春、桜が散り肌寒い夜が終わった途端、次の日に30度を超える夏日になったような・・
秋、夏日が終わると急に肌寒くなるのかな・・

あいだというものがない極端な気候。

晴れていたと思ったらにわかに曇り、土砂降りの雨。しとしと降ることがない
カンカン照りとざーざー土砂降り
そういえば先日の選挙。二大政党の時代。(一党独裁になったが)
自民か民主
ちょっと前まで「一億総中流」などという言葉があったが、今は勝ち組、負け組などという。
金持ちと貧乏
ゆとり教育で現在の公立学校、教育内容がすかすか。でも私立学校進学組は猛勉強。
低学歴とエリート
中途半端なものが売れない。
100円ショップと超高級ブランド

お昼に汗だらけになりながらふと思う。
二極化と言われ久しいけれど、ずいぶんと極端な世界になったものだ。
どっちかしかない世界。

決めてしまえばやりやすいのかもしれないが、決めあぐねそして決めたくない僕にはちょっとやりにくい世界になっているようだ。


参加してます。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2005-09-14 21:29
2005年 09月 12日

残暑残暑!

d0029974_23443683.jpg

残暑、なんてもんじゃない、真夏か!ってほどの暑さ。
今日はいったい気温は何度になったんや。

そんな暑さから逃れるように、電源コードに蛙が一匹・・・

本日は貯めに貯めた事務仕事。嫌なんだよな〜これ。
伝票の中から未払いの請求書とか発見してうなったり。
領収書の整理とかが特にキライ。
レシートとか、テキトーに放り込んであって、どれどれ。
ガラス材料・・・必要経費。
ホームセンターでのDIY用品・・・経費経費。
パン屋・・・スーパーで食品・・・中華料理屋。
・・・・食品のレシートばっか。

仕事として成立するか否かという慣用句「メシが食える・・」という表現、なるほどなあって実感する瞬間。やっぱり食べ物にかかるお金ってすごいわ。
ご飯代、がんばらなくちゃね。


参加してます。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2005-09-12 23:44
2005年 06月 23日

番外編

なんだかあちこちで見る、ミュージックバトン。
お二方から回ってきたので答えてみるぞ。でもずぼらだから適当にね。そして他に回すのも面倒だから、それは他の方にお任せするとして。

えーっと。まずコンピュータの容量。あんまり使わないからなあ。どんどん消すから245MB.

それからそれから。最近買ったCDとかなんとか・・あー、適当に好きなこと書きます。
好きな音楽は前に書きましたのでそちらを。
買ったCDもWongWingTsanのですね。

音楽は視覚とセットになっていて、視覚を喚起する、それも泣きたいような景色を見せてくれる音楽が好きです。
だからPat Methenyがものすごく好き。Wongさんも同じ理由で好き。目を瞑って聴く音楽です。
クラシックはバッハが好き。構築的というか、揺るぎない建築物を見るよう。現代ものではスティーブライヒとかはまります。

でも作業中はそんなゆったりした音楽は聞けません。こっちはロックかな。古いロックが好き。Led ZeppelinとかQueenとか。あと、ドナルドフェイゲンはあの偏執的完成度が大好き・・・・てなところでしょうか。
話始めるととまりませんわ。


参加中

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2005-06-23 21:27
2005年 06月 17日

はよ、なおって〜

今日のエキサイトブログのユーザーは、皆この話題でもちきりだろう。
昨日から続くメンテナンスとその後、画像がアップできない不具合について。

自分がこれほどブログ中毒だとは思わなかったけど、もうこのブログ、水道や電気といったライフラインの位置づけになるようだ。今回使えないことでそれを実感した。

そしてようやく復旧した画面を見て唖然。画像がない!!
画像のない自分のブログを見て、つくづく自分は視覚世界に生きているのだなあと実感。アート系の人はみんなそうだけど、視覚を奪われたら仕事の意義がなくなる。
そんな事を文字だけになったブログを見て思う。

あと一つ。
あるべきところ、当然なっているべきものがなっていない事に対する不安、というか、居心地の悪さに僕は弱い。
仕事をしつつ、ちらちらブログを見て、そして中断してこうして投稿してしまった。

やれやれ、復旧を待ちながら仕事とPCを行ったり来たり状態がいつまで続くのやら。

そしてまた・・

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2005-06-17 13:58