あるガラス吹きの徒然日記。

glassrooms.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 21日

お互い・・

d0029974_1454045.jpg

何年か前、クリスマスツリーに使ったモミの木を工房に植えた。
新芽を出して、きれいだなと眺めていたら、小さな生き物に気がついた。
細い枝にカエル。写真ではわかりにくいかもしれないが、カエルの左下に作りかけの小さな蜂の巣が・・・・


インフルエンザが大変な騒ぎになって、このところ街中マスクだらけだ。
ニュースはインフルエンザの話ばかり。
人間界はこの話で大変だけど、この小さな生き物達も大変だ。
カエルは世界中でカエルツボカビ症で様々な種が絶滅に瀕するほどの影響が出ているし、ミツバチは原因不明でいなくなっている。

自身に降りかかるそんな災難を知ってか知らずか、ハチもカエルも人間のように大騒ぎもせず、ただ静かに、自然のままにしている。
お互い、平穏な世界を早く取り戻したいところ。もっともハチとカエルの方は人が招いたかもしれない災難だから、こちらも人がなんとかせねばならないのだろう。
明るい日差しの中で小さな世界と大きな世界をふと思う。
[PR]

by glassroom | 2009-05-21 14:55 | 日々の出来事


<< 人の世界      ぼちぼち再開 >>