あるガラス吹きの徒然日記。

glassrooms.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 14日

お熱いうちに

d0029974_223613.jpg

鉄は熱いうちに打て。という言葉があるけれど、ガラスも熱く溶けているうちに吹かねばならない。
冷えて固くなってしまってからあれこれいじくっても、どうにもならない。

この事実、いろんなところに言える。
料理はさめないあいだに召し上がれ。
ささ、お茶が冷めるとマズイですよ。
愛情も、友情も、熱いうちはなんでも出来る。
冷めてしまったら、思うように動かない。
こうして書くと、「熱い」って大切。
熱い、という時間だけが持つ魔法があるようだ。

僕はなんでもトロかった。人生振り返ると行動が遅くて失敗したことがどれだけあるか。
熱いうちにサッサと手を入れればうまくいく。こんなことガラスを触ってようやく分かったかな。


参加してます。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2005-06-14 22:36 | 吹きガラスの事


<< スモールワールド      週の始まり >>