2008年 12月 24日

鍋のときはやっぱり

d0029974_13385453.jpg

鍋の季節、お酒にする派とビールにする派がおられるのではないかと思う。
どちらかというと僕はやはりビール。
そんなわけで僕のビールグラスは、どうしても僕の思いが勝手に込められている。

缶ビールからグラスにそそぐ場合、一気にビールが全部グラスに入ってしまうほど沢山入ってほしくない。2回ちょっとほど注げると良い感じ。
この、「ちょっと」が大切なのだ。

満タンのグラスを1回、2回と飲み干して、3回目・・
一回目、ああ、今日も鍋と共に美味しいなと感じながら飲み始める。
飲み始めはまあ美味しいのは当たり前か。
空になったグラスに2回目を注ぐ。
2回目のビールは進んでゆく食事と会話のお供にビールは進む。美味しいが、最初の喜びよりも、満腹に向かう途中の重要な仕事をしているという感じ。
そして3回目。

3回目に注ぐとき、「ああ、まだ缶に残ってたんだ・・・」という喜びを感じる。これがとても重要だ。(笑)
すでに満腹に近い状況で、でもまだすこし食べ物もあるし、あとすこしビールが欲しい!
その3回目はなみなみ注げるほどではなくても、ちょっと、あと少しの喜びがあると嬉しい。

で、ちょっぴりグラスにそそいで、「あとちょっとだけ欲求」を満たす。
2本目はそれであきらめる事ができるのだ。

僕のビールグラスだと、2本目を飲んじゃう人のメタボ対策にもなるかも・・(笑)
[PR]

by glassroom | 2008-12-24 13:57 | 吹きガラスの事


<< あけましておめでとうございます      冬でも・・・ >>