あるガラス吹きの徒然日記。

glassrooms.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 27日

涼しい風が吹く頃

d0029974_1011239.jpg


人は愚行を繰り返す。

というと、主に戦争とか環境破壊とか、かなりデカイお話になる。
が・・

かなり小さなお話ではあるが・・

僕の思い出にある夏休み、それは朝起きて始まる「夏休みマンガ特集」的テレビを見る事から始まった。もしくは学校のプールへ直行して大好きな水泳をしまくる。
昼にそうめんをすすると、うだる午後から漫画か友達と遊び、一日が過ぎてゆく。
この繰り返しの果て、大変危機的な状況が待っている。
お盆が過ぎ、甲子園が終わり、世間が落ち着きを取り戻す頃、こちらは落ち着きをなくす。
最終日のそれは想定していた事でありながら、さすがに辛い。ドリルに工作、日記に観察、夜更かしに慣れた体はちょっとやそっとでは早起きできそうにない。
深夜までの戦いのあの辛さ・・・・

いや、懐かしい・・・というか、恥ずかしい。


せっかく愚行を繰り返さないように、子供達に言い聞かせているのだが残念ながら僕の経験は僕の経験でしかない。
したがって、何度言っても真の理解ができない息子も娘もマンガだゲームだ、好きな本をゴロゴロ読んだり。
さらにクラブ活動やら習い事までスケジュールに参入するから、もう僕は知らない。

おいおい、そのまま歩くと崖からに落っこちるよと言ってるのに、そのまま進んで落っこちるように進んでいるのを見ると、ため息と苦笑い。(笑ってる場合ではないが)

そんなわけで小さな愚行が繰り返されてゆき、僕の教訓としてはとりあえず、元気に育てばよいか。とこれまたとても一般的な結論に落ち着くのだ。
[PR]

by glassroom | 2008-08-27 10:29 | 日々の出来事


<< 始動の瞬間      美味しいのに・・ >>