あるガラス吹きの徒然日記。

glassrooms.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 22日

美味しいのに・・

d0029974_12153852.jpg


歳のせいか、猛暑だったせいか、夏の仕事はしんどかった。
特に厳しくなってきたのはアルコールが入ると次の日、明らかにしんどい事だった。沢山飲んだ訳でないのに、体が重く動きにキレがなくなる。アルコールが体内の水分を奪ってしまうからか、とりあえずこれはイカンという事になり、窯の火を止めるまではビールを控えることにした。禁酒なんて、辛いけれど仕事が辛いのはさらに辛い。

で、火がつくまでのつかの間、やっぱり飲んじゃう訳で、飲んじゃうと嬉しいのだが、有難く飲んでいる時にあるニュースに目が止まった。
日本でビールの消費量が落ちているらしい。ビールだけでなく、発泡酒など総量が落ちているらしい。
なんでも若者のビール離れが多く、ビールの苦みが敬遠されるらしい。

ビールの苦さが嫌だぁ・・・

確かに僕も飲み始めた20代はちょっと無理をしていたかも。飲んですごく美味しいというのではなく、通過儀礼とでもいうか、そろそろいっぱしに飲めなきゃ、みたいな気持ちがあった。
そこを超えて、初めて美味しくいただけるようになるのに・・
今の若い人、苦いのに無理して飲むなんて肩肘張ったことは無意味とでもいう感じなのかしら・・・

うーむ、ビールグラスというカテゴリーが減ると、商売的にもちょっと困るんだけどなあ・・・

つかの間のビールを堪能しつつ、取り残されるオヤジになるのかしらとやや寂しさを感じたのだった。
[PR]

by glassroom | 2008-08-22 12:40 | 日々の出来事


<< 涼しい風が吹く頃      永遠のパターン >>