あるガラス吹きの徒然日記。

glassrooms.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 20日

梅酒

d0029974_1811166.jpg

梅酒を漬けた。
ちょっと嬉しい。
梅酒が出来上がるのはちょっと先。炭酸で割って飲もうかな。

昔、父が果実酒に凝っていて、様々な素材を漬け込んでいた。
梅酒やレモンはもちろん、野いちご、カリン、クコの実など、珍しい果実酒が部屋一杯に列んでいた。
父はそれを仕事を終えた夜、ちびちび飲む。僕はそれをほんのちょっと舐めさせてもらう。子供の僕には飲めないけれど、時間を経てまろやかになった果実酒はそれでも美味しいと思った。

大人になり、父のように果実酒を作ってみたいなとも思うけど、マメにそんな事ができず、果実酒の代表選手の梅酒を、それも妻に作ってもらう。


父が果実酒作りをしているのは、子供の僕にもなぜか楽しかった。
お酒は飲めないけれど、果物の香り、甘いお酒。ビンの底に転がる果物は休日の家族の山登りで採取したり。そんな事がなんだか楽しかった。

僕の子供達、そんなことをしたら興味を示すかしら。
今のままじゃ、子供が大きくなったら、「パパは子供のころ、帰ってビール飲んでパソコンして寝る毎日だった。」って回想されてしまうかも。
家に帰ったら、何もしてない自分をちょっと反省。
[PR]

by glassroom | 2008-06-20 18:42 | 日々の出来事


<< 小さな話      自転車こいで >>