あるガラス吹きの徒然日記。

glassrooms.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 02日

d0029974_20551769.jpg

この花器は相棒のNが作ったものだ。見た通り、顔をモチーフにして花器を作った。
Nのオリジナルで、作る前はうんうん言ってスケッチをしていた。
まあ、一応僕もプロなので本人の前でそれをまねて作ったりしないけど。

・・・ちょっと作らせて。面白そうだから。
で、ちょこっと僕も作った。

d0029974_2124421.jpg

色は使わないで、透明で作ってみた。ちょっと顔が分かりにくいかな。

ずいぶん違うものが出来た。色の有無はあるし形も違うけど、やっぱり別人のものになったなあ、と作者が言うのもなんだが、そう思う。

「手作り」って表現、やたらあるけれども、じゃあ手作りって何が違うの?
僕たちは宙吹きといって、型を使わないでものを作る。この吹き方をすると、モロにその人のくせや作り方が仕上がりに出る。
型に吹き込んで寸分狂わないものも職人さんは作ることが出来る。高度な技術だし、それもまた手作りだ。それはそれで、すばらしい。

僕らは時間をかけて、一個一個全部違うものを作る。時間をかけて、なんの意味があるのかとよく自問自答する。
顔のついた小品をここではアップしたけど、人の顔のようにみんな違うものを個性という。買い手が僕らの作るものの一つ一つの顔を見て、自分の顔をにっこりさせるようなモノが作れたらいいな、と思っている。
d0029974_21292286.jpg


さいきん楽しくやらせてもらってます。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2005-06-02 21:30 | 吹きガラスの事


<< 色      温度 >>