2008年 04月 14日

がんばりましょう

d0029974_21373995.jpg


てんてこ舞い。
僕レベルではそう言って差し支えない日々が過ぎていて、慌ただしい。
知らぬ間に桜も散った。

ところで、いきなりだがエミールガレはおそらく日本で一番知られたガラス作家かもしれない。
ガレの解説はさておき、彼の多数の作品、そして高度な技は多数のクラフトマンによって支えられていた。
ガレのスケッチから優れた吹き職人がガラスを作り、カット、研磨など数々の職人が分業体制でガラスに手を加える事で、次々と傑作が生まれたわけだ。

ああ、こんな事書いたら弁解以外のなにものでもないな・・・

わずかな力で作っているけど、いつかはそこまで、ひそかに越えたい。
・・と色々がんばっているつもりな日々。
[PR]

by glassroom | 2008-04-14 22:00 | 日々の出来事


<< 学校      甘党 >>