あるガラス吹きの徒然日記。

glassrooms.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 10日

実は・・

d0029974_23393566.jpg


僕は、吹きガラスの工房を持って、吹きガラスの指導をして、器なんかを作っていますが、じゃあ「吹きガラス作家?」と問われるとちょっと微妙。
器を作るという行為は僕の中でとっても重要ですが、吹きガラス作家とはちょっと違うかなと自分では思ってます。

僕はガラスという素材が好きで、そこにサンドブラストで自分の描きたいものを刻みつけたい、と常々思っています。
サンドブラストってちょっと解説すると、まあ砂をスプレーしたらガラスが砂で削れて、それを応用して絵や模様なんか彫れるんですが。
トップにある写真のような技法です。
初めてサンドブラストによる作品を見たとき、ちょっと衝撃を受けて。で、いつかはこれをしたいって思ってた。
透明ガラスの存在感について、前に書きましたがこの技法はまったくまた違う。光が重要だって事は同じなんですが。その辺についてはまたぼちぼち書きます。

で、まあぐだぐだ言っても結局!
自分で作ったガラスに好きなこと彫りつけて、思いっきり自己満足に浸りたい!!

ああ、言っちゃった・・・はずかし・・・そろそろ中年なんで、こういうこと書いちゃだめですよね。


一日一回!!クリックご協力お願いしまっす↓
人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2005-05-10 23:56 | サンドブラストの事


<< 並べてみると      リュトンへの道 >>