2007年 01月 16日

d0029974_227012.jpg


古い車を走らせていると、ガタガタの音にギシギシのノイズが加担してステレオの音楽を邪魔しにかかる。おまけに外を走る車の音まで車内になだれ込んできて、音楽どころじゃない。
ようやく工房へ着くと、バーナー音が空間を満たしている。

毎日、ノイズに満ちた世界にいると、機械の無い世界の事を考える。
機械の無い昔、世界は静かだったのだろうな・・・・

絵も写真も、映画も好きだ。
だから視覚を重視する分野で活動しているけれども、実は絵画も写真も「音」の観点で見ているのだなとふと感じる。

毎日毎日、バタバタとノイズの中で過ごしているけれども、そんな中でふと出会う静寂の瞬間にはハッとさせられることが多い。そしてそのわずかな時間に分からない事や気がつかない事が見えるような気がしてくるのだ。
[PR]

by glassroom | 2007-01-16 23:12 | 日々の出来事


<< お散歩      あけましておめでとうございます >>