2006年 11月 21日

こんらん

d0029974_23222498.jpg


コンランとカタカナで書くとブランドのConranみたい。
混乱である。

僕が学校で研究のまねごとをしていた頃、「都市の分かりやすさ」を調べていた。
わかりやすい事はよい事だ、というのが前提条件で、分かりやすい=快適という理論展開を目論んでいた。
都市というのは、例えば脳研究をしている人気学者、養老孟司氏によると脳が都市を作っているらしい。脳で考えた通りに作るのが都市というわけだ。
そして脳は分かりやすく整理されて行く状態を目指すものらしい。
だから分かりやすい状況は脳に快適である。
つまりその反対である、混乱した状況というのは脳にとっては不愉快な状態にほかならない。

などと、いきなりリクツを並べてみたが、何が言いたいかというと、整理して分かっていく状態は快適なはずだというのは正しい。
のだが・・・混沌とした状況も悪くないということをちょっと思ったのだ。


今日はちょっといろんな事が一段落して、仕事の計画を立てた。
すべき事や、やりたい事をすべて並べ、時間軸と優先事項で行動計画を明快にしてみた。
毎日毎日、とりあえず目の前にあることを片っ端から片付ける毎日。
そんな混乱した状況にちょっと決別したいと思ったのだ。

改めて明快にしてみると、こりゃまいったなと思う。
すべき事もやりたい事もパンパンで、キャパシティーを遥かに超える。(まあ、すべき事でパンパンなんだが)

・・・・やらなきゃよかった、こんな事。
整理してみたら、ちょっと出来るん?ホンマに、って感じになっちゃった。

混乱しているからこそ、ばたばたとずるずるとやっていられるのかもしれない。そんな仕事をしているのだ、と突きつけられたようだ。
う〜ん、できるのかしら。モチュベーションが下がるやんか。

やっぱり僕は混乱してるなかでバタバタと仕事をしてる方が性に合っているのかもしれない。
今日の事は忘れて、明日からがんばろ。(笑)

[PR]

by glassroom | 2006-11-21 21:45 | 日々の出来事


<< 晩秋に      リノ様詣 >>