あるガラス吹きの徒然日記。

glassrooms.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 18日

リノ様詣

d0029974_22241244.jpg


溜め息が出たよ、まったく。
初めてガラスを始めた頃、自分はまったくコントロールできないガラスを先生が簡単に吹くのを思い出した。

名古屋芸術大学でリノ・タリアピエトラのデモンストレーションがあり、見に行った。
リノは生粋のベネチア人、そして代々ガラスを吹いている家系に生まれた生粋のガラス吹き。
そしてベネチアンの伝統を得てそれを越える技術と表現を持った、まさしく現代ガラス界の巨匠。

もう、僕にとっては神様・・・

リノの吹きを間近で見る機会はもう無いと思っていたが、遂に見る事が出来た!
とはいえ、72歳のリノ。動きはもう鈍いのではと内心思っていた。でもまあ、本物を近くで見られたらそれでいいや、生でお姿を崇めさせて頂ければそれでよし!のつもりだったのだが。

しかし!
ガンガンとでっかいガラスを巻き取り吹くリノ、休まずぶっ通しで吹きまくり、竿を振り回し、アシスタントを圧倒させていく。
すげ〜。
言葉も出ない。
ほんと、すげ〜
72歳・・・・

そうか・・・・とりあえず技術は無理そうだけど、僕もあの年齢でもガンガンいける事を目標にしよう!
にしても。いまだにこんな作品って。凄すぎ。
久々に血沸き肉踊るデモでした。
d0029974_22525981.jpg

・・・でっかい作品です

[PR]

by glassroom | 2006-11-18 23:04 | 日々の出来事


<< こんらん      ありがとうございました >>