あるガラス吹きの徒然日記。

glassrooms.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 21日

描くのは大変

d0029974_22291689.jpg


最近、友人にきょうの猫村さんという本を借りた。
脱力系イラスト漫画、猫村さん。
鉛筆で描いただけの下書きみたいな、でも何となくハマる猫村さん。
ネコムライス食べたい・・・

まあそれはいいとして、ガラスに絵を描く作業はとても大変。
大体にして、僕の場合は元となるガラスを溶かす作業から入る。
それを吹いて形を作り、冷えてかた〜いガラスにでっかい設備のサンドブラスト、もしくは上の写真みたいな絵にする場合ダイヤモンドの先端工具で絵を描く。
考えてみりゃ面倒ったらありゃしない。
がりがり、びしびし、鉛筆みたいにすらすらとはいかない。

猫村さんの本みたいに鉛筆で描けるといいなあ。

(もちろん、この本を描くのも大変だろう、ということは理解はしていますが。)

[PR]

by glassroom | 2006-10-21 22:39 | ガラスのお話


<< お知らせ      熟せぬトマト >>