2006年 09月 30日

作業効率向上部!

d0029974_04354.jpg


電話が鳴る。
受話器を上げると明るい、だが事務的な女性の声がする。
「社長様、いらっしゃいますか?」
すぐに、何かのセールスということが分かる。
とりあえず、僕が社長だからハイと答える。

またあるときはこんな電話。
「広報担当の方お願いします。」
広報担当も僕だから、ハイと答える。

またあるときは「社員採用担当の方・・・」
採用担当は僕だからハイと答える・・・・
ああ・・・

対外的に僕はすべてを担当しているが、僕の中にはちょっと別の担当部署が沢山ある。
絶対的権限を持つのは作業効率向上部である。
元々、製造部から細分化した部署だが、近年勢力を伸ばしてきたのである。

本日はこの作業効率向上会議が開かれ、賛成多数でサンドブラスト作業用机の改造に着手することが決まった。
狭い工房、サンドブラストのメンテナンスには机が邪魔なのだ。

で、向上部の直属である改造施行課の課長、僕を呼びつける。
「というわけで、机の改造を速やかに行うように。」
「予算は?」
「ゼ・ロ」と向上部、総部長僕。
「ふーむ、いつもながら大胆な予算枠を組んでおられますな。」
「なになに、製造部がもう少しがんばってもらわんと予算が出ないわ。」

「まてまてまてい!」
そこへ割って入る製造部 部長、僕。
「おい、お前ら作業効率向上部がいっつもよけいな事始めるから、かえって時間食って「作業効率」が落ちるじゃないか。よけいな事しないでくれ。」

「何を言っとる、僕は根がぐうたらだ。ぐうたらはめんどくさいことがあると、結局やらなくなる。だから面倒でも効率が上がるように、楽にできるようにしておく、それが大切だと一番ご存知なのは、製造部 部長、あんたじゃないか!」

それを言われるとぐうの根も出ない部長、僕。
「あ、はい。しかし予算なしでどうしましょう。」
「机はコンパネの切れ端、足は昔の展覧会で作った展示台分解、蝶番でつなぎたまえ。」
「らじゃー!」

そんなわけで、セールスの方、うちには「社長」も「広報担当」も「採用担当」もほとんど存在感ありませんので、上記の部署にお電話ください。
d0029974_05624.jpg

おお〜、完成!跳ね上げ式の机になったじゃないか!やったぞ作業効率向上部!

[PR]

by glassroom | 2006-09-30 18:26 | 日々の出来事


<< あと少しで・・・      ある話 >>