あるガラス吹きの徒然日記。

glassrooms.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 30日

ついに・・・

d0029974_2147912.jpg

工房のPCが壊れてしまったようだ。
古いiMacだし、こいつは先が長くないぞと警戒していたのだけど、とうとう壊れてしまった。

バックアップ、ある程度しておいたがメールデータの保存があまりない。ここしばらくの間にメールを頂いた方のアドレスが分からない。どうしよう・・・・
ちょっと心当たりの方、この記事を読んだらメールください!

メールで思い出したが、今の郵便物に肉筆の手紙というものは殆どないそうだ。ほとんどがダイレクトメールだの事務通知のようなものばかりで「普通の」手紙、というものは絶滅寸前らしい。
なので郵便配達の人は肉筆の手紙を見つけると、あたかも貴重品を手にしたように大切に運ぶらしい。肉筆の手紙を運ぶ事は「いい仕事」らしいのだ。

なんとなく分かるような気がする。
手紙を出すのは苦労が多い。肉筆であれば内容も勿論、書き損じが無いように丁寧に書かねばならないし、封筒に切手を貼って、宛名も気が抜けない。出すのにもいちいちポストに行かねばならぬ。
そんな苦労をしてまで相手に伝えたい事、それは大切な気持ちに他ならない。それを運ぶのは単なる印刷物の広告とか事務通知とは重さが違うのだろう。

そんな事を書いてみたものの、メールの無い時代を過ごした僕は、めっぽう字が汚く手紙もあまり出さなかった。
筆まめな人だったら手紙について、何かしら言える事もあるだけれども、ブログとメールでようやく意思表示が可能になった人間としては、こういう話は一種のロマンあるお話として聞いている。
[PR]

by glassroom | 2006-05-30 00:04 | 日々の出来事


<< 退化      ちょっとハマりました >>