2006年 05月 19日

フンデルトヴァッサー展

d0029974_2253259.jpg

時間を見つけて京都国立近代美術館で開催されているフンデルトヴァッサー展を見に行った。
今まで彼について知っていたのは「かわいい」印象の建築も手がけた画家、くらいだった。大阪のゴミ処理施設とか。

で、彼の作品を見て・・・
心が躍るような絵画の数々。未完に終わった建築計画の模型たち。そして彼の制作風景のビデオが上映されていたが、エネルギッシュな人だろうという予想に反して、意外に寂しげで繊細な感じ・・・

うむ、天才とは孤独なもの。いや、天才というかちょっとスレスレな感じ。
だが、彼の作品は凡人の僕を惹き付けて、作品に目が釘付け。
久々に大ヒットの展覧会だった。

あ、もう終わりかけだが、21日まで開催。本当におすすめの展覧会です。
[PR]

by glassroom | 2006-05-19 23:26 | 日々の出来事


<< ちょっとハマりました      朝、思う事 >>