2006年 04月 27日

天気予報

d0029974_2251099.jpg

今日はなんとなく天気が悪い、とテレビで言っていたような気がする。連休中の予報を今日の事だと思っていたのかもしれない。
だが予想に反して朝、曇り空にぽつぽつ降っていた雨は午後には上がり、少し青空をのぞかせていた。


小学校だったか、中学校だったか定かではないが、生活指導のような授業で「人生の計画」のようなことを書かされたことがある。
教科書には一本の線が引いてある。
左には生まれた時を示す0歳、右は空欄になっている。
その一直線上に点を打ち、そのポイントに年齢、その時の状況を書き込むというわけだ。

僕は途方にくれた。
そこに自分の人生を書き込むのだ。
何を?
周囲を見ると、みんなコツコツと紙に鉛筆を当てている。何か書いている。
仕方なく、何でもいいから書かねばならぬと思い、機械的に書き込んだ。
内心、漫画家か落語家か考古学者を狙っていたが、そんな事書いたらなんだか笑われそうで、6、3、3で学校を出て、4年後大学を出てから会社に入って定年と書き込んでみた。
そう書くと、まるで意味のない紙になったように感じた。
良い、悪いでなく、無関係なものになった感じ。

大人になった時の天気を書きなさい、と言われたようだった。
高性能気象衛星を搭載した一部の人にはとても有意義な予想だったのかも知れないが、夕焼けにじーんとするだけの僕には、あさっての天気も分からない。
勿論、将来ガラスをいじるなんて、思いもつかない頃のことだ。


思いがけず青空も見る事が出来た今日は、なんだか嬉しかった。天気予報が外れると、ほとんどの場合困るが、時としてちょっとした喜びもまたそこに含まれるのかな?と思うようにしている。

参加してます。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2006-04-27 22:33 | 日々の出来事


<< 連休らしく・・・      クローバー >>