2006年 04月 13日

おきあがりこぼし

d0029974_1214287.jpg

注文のグラス、底が厚くて口が薄くて・・要望に合わせて作ると、このグラスは「おきあがりこぼし」になった。
横にしてもころんと立ち上がる。倒れないグラス・・・


娘が小学校へ入ったので何かと忙しくなった。勉強部屋を整えることから始まり、慣れていない娘のため、教科書の準備やら衣服、起きる時間まで色々な変化に家族がみんなばたばたしている。

それを感じている上の息子。
息子は僕と違い、何事にも動じないタイプで、そして親の僕が言うのも何だが、素直な良い子だと思う。しかし年齢のせいか、僕に似たのか、好きなこと以外は出来ない。
自分がしたい事しかしない、という性格だ。
僕は一応親であるから、色々としたことに注意やアドバイスをするのだけれど、このマイペースな性格のせいだろうか、がんとして思った事以外は聞いてくれない。

それが僕の「イーッ!」とした感情に火を付けて、時に完全な同レベルでケンカをしていた。とにかく、叱っても叱っても打たれ強いというか、へこたれない息子。


だが、そんな息子にも変化の兆しが・・
娘にかまってばかりが、息子にも寂しさを感じさせてきているようだ。すねたような、さみしそうな表情になってきた。
打たれ強い息子に、僕は実のところ息子に実は甘えて、ちょっと平等の観点を欠いていた状態になっていたようだ。

コロンと一人で立ち上がるグラスのように、息子も何時もすんなり立ち上がる訳ではないのだ。親の怠慢を子供は敏感に感じ取っているのか、僕が鈍感だったのか。

グラスを見ながら反省しきり。


参加してます。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2006-04-13 12:35 | 日々の出来事


<< コンセプト      春の嵐 >>