あるガラス吹きの徒然日記。

glassrooms.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 31日

子供の時間

d0029974_23274760.jpg

時間の隙間を見つけて自宅で整理も少ししてみる。
娘の入学式はもうすぐだ。部屋を作ってやらねばならない。
溜まりに溜まったものたちをあっちへ動かし、こっちへ動かす。

工房にあるモノたちは全て僕が自分の意志で持っているものだから、取捨選択の判断が可能だけれど、子供のものになるとこれがさっぱり分からない。
おもちゃの棚に増え続け、やがて溢れ出し、隣のスペースを浸食し、それでも外へこぼれるモノたち。えーい捨ててやろうかと手に取るものの、ひょっとすると大切な宝物だったらどうしようと思ったり。
何だか分からんイソギンチャクみたいなゴムのボールだの、鎖のちぎれたアクセサリーだの、これはどーするのといいたいものばかり。

ふと手にしたままごとみたいな器から、さらさら、からからと音をたてて貝殻だのサンゴ、そして乾いたドングリが転がり出てきた。

旅行先の海辺で拾ったサンゴと貝殻。
散歩で集めたドングリ。
娘はどちらも手に乗せては喜んでいたけれど、そういえば最近触っていないので見る事も無かった。
娘もこれらのものを忘れているかもしれない。

大人の僕が感じている少し前の事も、新しいものをどんどん吸収している子供にとっては遥か彼方に過ぎ去っている事なのだろう。新しいものたちが過去を深い地層へと沈めていって、この貝殻は子供の記憶に浮かび上がるかどうか分からない。

けど、これはそーっと残しておこうかな・・・・僕にとっては昨日の出来事なのにね。


参加してます。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2006-03-31 00:02 | 日々の出来事


<< 内と外      じっと手をみる >>