あるガラス吹きの徒然日記。

glassrooms.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 29日

じっと手をみる

d0029974_23535222.jpg

久しぶりの更新。

なんだか忙しい。気がつくと3月が去ってしまう。どうしよう・・・
こうなるとガラス屋の手はどうもひどい事になってしまう。
紙リンという濡れた新聞紙でガラスを直接触るものだから、燃えた紙が炭になって手の皺に入り込む。

じっと手をみる。
働けど働けど・・・という台詞が出てきそうだ。
[PR]

by glassroom | 2006-03-29 00:08 | 日々の出来事


<< 子供の時間      長屋の花見 >>