あるガラス吹きの徒然日記。

glassrooms.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 14日

二進も三進も(にっちもさっちも)

d0029974_11472315.jpg


「もう、どうしようもないのよ。」
ドキ。
「どうしていいか分からないと思う。」

答えは息子の部屋。
学校のプリント、塾のプリント、マンガだのカードだの、もう泥棒が暴れたような様相の部屋を自分でどうしたらいいのか、分からなくなったようで、それを見ている妻はハラハラしながら僕に訴える。

しかし。

言われてドキドキしたのは僕の方だ。


工房をスタートさせて6年目。始まりはとてもシンプルに。ガラスが溶けているだけの工房も、少しずつ物を買い足しているうちにだんだんと散らかってきた。
道具、工具、メンテナンス材料、ガラス材料、作りかけの作品、加工機・・・当初予想していたもの達はドンドンとその数を増やし、その都度棚に無造作に放り込んでいたツケがここへ来て限界に達している。

なんとかせねば。

物を整理すると、今度は仕事がお留守になってしまう。
でも、整理をせずにほったらかしにしておくと、今度は仕事の能率が著しく低下する。最近、仕事→整理→仕事が整理→仕事→整理→整理→整理→仕事みたな動きになってきた。
仕事の効率は頭も環境も整理してからでないと。
どうしよう・・・

そこへきて工房だけでなく、今度は娘の小学校入学を目の前にして、家で娘の部屋をなんとかせねばならない。
手を付ければまたアレが始まってしまうのは目に見えている。
しかし。

やるか・・・そして一念発起でついにパンドラの箱を開けてしまった。
家と工房、両方が相手だ!

そんな訳で今、格闘中。
恐ろしい事が起こっています。


参加してます。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2006-03-14 12:02 | 日々の出来事


<< ちなみ号      イメージバトン >>