あるガラス吹きの徒然日記。

glassrooms.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 28日

華麗なるレース

d0029974_1763463.jpg


リバイバルで脚光を浴びるクイーンの名曲・・・じゃなくて。

ガラスでレースというとそれはレースグラス。
レースは16世紀、主にベネチアで発展した技法。

ここで歴史を簡単に・・・
当時のベネチアでは、火を使うガラスが危険という理由でガラス職人はムラノ島に集められ、そこでガラスを製造する事を義務づけられた。
が、実のところベネチアの当時の主要産業でなおかつ外貨獲得の手段であったガラス。そのガラスの製法に関する技術を秘密にしたかったのがベネチアの本音で職人は軟禁状態だった。それがムラノ島の始まり。

今の先端技術はコンピュータだが、当時は貴族に愛されたレースグラスをどうやって作るか、また綺麗な色をどうやって作るか、全てが謎の先端技術だった。

で、優秀なガラス職人には伯爵のような社会的地位を与え、制作に精進させたのだが、逆に島を出て他の国に逃げたり、機密を漏らしたガラス職人にはベネチアより差し向けられた刺客により殺されてしまった。国益に反するもの、産業スパイには死を、という恐ろしい話。


そんな歴史を持ったレースだけど、その秘伝である作り方はすでに僕でも知っている。
だが、知っているのと作れるのは大違い。
レースを作れるようになるまではえらい時間がかかった。(なってるのかなあ・・?)

レースは簡単に説明すると「色のねじり棒を作り、それを材料に吹きガラスをする」ということ。このねじり棒をどれだけ綺麗に作れるかが「きっちり」した出来になるかを決める。
本場のベネチアの職人は「おまえは機械か!」と言いたくなるほど「きっちり」した形を作り出す。そしてそんなレースの制作風景を見たら、ガラスを作る男子は燃える傾向がある。(なぜ男子か、というと先日の記事、「男の!」を読んでください。通じるものがあるのです)

僕だっていつかはレース。
そんな気合いを胸に秘め、そして知らぬ間にその事を忘れる・・(笑)

僕はガラスをやっているうちに溶けたガラスをゆるりと作るのが好きになった。
で、レースを作ってみても、どうもゆるゆるした感じに仕上げているようだが(単なる未熟?)まあそんな歴史を持ったレースという技術に敬意は持って作っている。
そしてやっぱり作ると楽しく綺麗なのがレースなのだ。

d0029974_1943362.jpg



参加してます。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2006-02-28 18:20 | 吹きガラスの事


<< フュージング      色について 続編 >>