あるガラス吹きの徒然日記。

glassrooms.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 09日

恐るべき連鎖反応

d0029974_21263642.jpg


予兆もなく、それは始まった。

かなりしなくてはならない事がたまっている。今日も吹かなきゃ。
窯は温度アップをして作業を待ちかまえている。

工房へ着き掃除。底を研磨する器があるからアシスタントのMさんにお願いする。。吹きの設備と電源を共有する研磨機、先に研磨をしておかないと吹きに入れない。

ふと見ると研磨機の所、作ったものが散乱している。片付けなくては。
器が入った箱を持って隣の部屋へ。うーん、置くところがないなあ・・・
屋根裏倉庫に保管するか。

でも、収納の使い勝手が悪いなあ、ちょっとなんとかしなくちゃ。っていつも思ってるけど・・
「研磨の砂が無いです。」とMさん。

小分けの容器が空。どれどれ、大きな袋。あ!、ガラスの原料の箱が研磨砂の棚を塞いでる。
箱をどかさなきゃ。一箱20kg×6箱、120kg。
しゃあない、うんしょ、うんしょ。
あ、箱のあったところ、ホコリだらけ。ここは目をつぶり・・・・、いかん。掃除する。掃除機を出してと。
そしてまた箱を戻す。
あ、台車の分高くなって別の引き出しが塞がった。
まずい、上の箱を別のところへ。ああ、一箱20kgが重い。そしてこちらへ。
あれ、行き先の箱、並び替えなきゃ。使いさしを上にと。これも一箱20kg。

はあはあ。

箱をほったらかしで掃除機をかける。ようやく研磨砂を出して、Mさんに渡す。
そうそう、器の箱を屋根裏へ。屋根裏はそんな風にして放り込んだガラスで散らかりまくり。掃除をする暇がない。

また新たにガラスを放り込むのもなあ・・・
で、展覧会で使った台を改造して棚を作る事にする。電動のこぎり、電動ドリル、ドライバー。
ごりごり切って、棚を作る。腰が疲れる。まずい・・・
あ、もう昼?
お昼を食べて午後、今度は出来た棚にガラスを運ぼう。う、持ち上げるのが大変。そして天井裏、暗い。
夕方になるまでに照明をつけてしまおう。ずーっと気になってたんだ。車を走らせホームセンターへ。蛍光灯を買って戻る。どれ、天井に取り付け。
ずる。
ずる、ずる。
あれえ、ホコリで鼻水が止まらないぞ。こいつは辛い。まあいい、天井にとりあえず、蛍光灯をつけちゃえ。ん、暗くて見えない。もう夕方だもんな。白熱電球があるからこいつを近づけて、あち!
うわ、あつくて落とした。
がちゃん。
あ、電球切れた・・・くそ、スペア。
ん、ない。くそ、他から外してこちらに、と。あ、引っ掛けるところがないや、仮でひっかけ用にネジを・・暗いな。あ、ネジ傾いた。まあいい。とりあえずここに白熱球、引っ掛けてと。
ずる・・・がん!
「痛っ!!」傾けたのが悪かった。滑って足に落ちた!くそ、ネジの傾き曲げて直しちゃる!えい、ボキっ!「あ、ネジ折れた!!くそ!」ずるずる「えーい、鼻水が垂れる!ホコリめ!」
ここらで一回叫ばせてくれ!「ああ〜〜。」

「はあはあ・・疲れた」下へ降りて片付けよ。

・・・むちゃくちゃやんか。
片付けよ。

傍らで準備をしていた窯がぶつぶつ言っていた。「おい、こっちは待ってんだ。吹けよ」って。


参加してます。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2006-02-09 22:53 | 日々の出来事


<< 2月は・・・      もう一つ出来つつあるもの >>