2005年 04月 19日

京都のガラス屋でございます

僕はガラス屋です。
吹きガラスといって、溶けたガラスをぷ〜〜っと吹いて作るガラスです。
そして今日からブログ。猫も杓子も最近はこぞってブログなんぞ始めたりするもんだから、僕も負けじとやってみることにしました。
自分の書いた文章なんぞを公に見せるなんて、緊張ですがまあいいっか。のんびりそしてつれづれなるままにこのガラスと、そして活動のフィールド、京都などについて勝手な事を書いていきます。
さっそくですが、吹きガラスって知ってますか?テレビで見たことがあるって人も結構いるかもしれませんね。でも大半の人は見たり、作業を体験してみた人は少ないと思います。マイナーな分野なんですよ。
でも、吹きガラスは狭くてふか〜い洞窟のような世界が奥へ奥へとつながっています。この洞窟に入ったらなかなか出られません。なぜって、ガラスは難しい。そしてガラスはきれいだ。この2点に尽きます。
こいつを語りだしたらもう・・・夜通し語るかわり、これからぼちぼち書いていきますのでよろしく。
d0029974_17115861.jpg

[PR]

by glassroom | 2005-04-19 15:46 | 吹きガラスの事


<< 花粉症がようやく・・