あるガラス吹きの徒然日記。

glassrooms.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 06日

細工

d0029974_12471581.jpg

自分がどのジャンルに属しているのか、あまり興味はない。
アートと言われようと、工芸と言われようと、自分が作ることにおいてあまり変わりはないからだ。
アートと言われたからアートらしく?ということもないし、自分は自分で作りたいように作る。

「吹きガラスをしているんです。」と言うと、
「ああ、ガラス細工ですね。」と言われることがよくある。

ジャンルはまあいいのだけど、この言い方に関しては僕はあまり好きではない。
「細工」という言葉には「手を使って細かなものを作る」、という意味と「策略」というどちらかと言うとちょっとマイナス的な意味がある。
根幹は放って、表層をいじる事によって取り繕う、というようなニュアンスもあるような気がする。

たとえば陶芸をしている人に「粘土細工ですか?」というと明らかに侮蔑的なニュアンスを含む言葉になる。けどガラスに対してはあまりそういう意識は持たれない。
勿論、ガラス細工と言った人は悪意があるわけではなく、そういうジャンルとして何気なく言っているわけだが。

で、この話はもうちょっと続く・・・・


参加してます。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2006-01-06 13:09 | ガラスのお話


<< 家(カ)      雪やコンコン >>