あるガラス吹きの徒然日記。

glassrooms.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 15日

ハンサム

d0029974_19294867.jpg


顔の話で恐縮だけど、ハンサムがいる。美女もいる。
テレビをつけるとそんなのが一杯いる。
残念ながらその反対の人もいる。

さて、ではハンサムとその反対の人では造形的にどのくらい違いがあるかというと・・
僕は専門家ではないので、いい加減に書くけれども、そんなに大差はないと思う。
1cm以上差のあるパーツってほとんど無いのではないかな。
鼻の高さ、まゆげの位置、目の大きさ・・・顔における各パーツの位置とパーツ自体の寸法、これを比べたらどのくらいの違いだろう。
だが、そのわずか数ミリの差が異性にもてたりもてなかったり、美形と区別される。

そしてやはりガラスの話になるのだけど、こちらも美形とそうでないものの差というのがある。
同じグラスを作っても、美形とそうでないものがある。
両者の差は、顔どころではない。
微々たるもの。ミリ単位でえらい違う。
これは出来上がったものを見ると一目瞭然にもかかわらず、寸法を見るとほとんど同じだったりする。わずかに口の開きが反った、ほんの少し比率が違う・・・など、かなり細部まで詰めないと、納得出来るものにならない。
自分で作っているからそうかな、とも思うけど多分ちょっと注意深く見ると、他の人も感じるかもしれない。

ハンサム君を量産したいけれど、世の中のハンサム君がいる比率と同じで、あんまりお目にかかれない。
だからハンサム君なのだろうけれど。

(写真はハンサム君という訳ではありません、あしからず。尚、世間で流行りのイケメンという言葉、僕はあまり好きではないので使いません。)


参加してます。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2005-12-15 19:51 | 吹きガラスの事


<< 恒例行事      冬の光 >>