あるガラス吹きの徒然日記。

glassrooms.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 29日

花の結晶

d0029974_2171851.jpg

工房の入り口にミモザアカシアがある。
工房を作ったときに植えたものだ。初めはひょろひょろで、えんぴつみたいな太さだったけど、今は数センチまで幹を成長させている。
「えらいもん植えたなあ・・・すごい大きくなるで」
近所のおっちゃんは言った。植木などを扱っている人だから詳しい。僕は何も知らなかったから、へーと気のない返事をしていたのだけど、確かにこいつの成長は早く、今ではしょっちゅう枝を剪定してやらないと、狭い工房へ出入りする車の邪魔になってしまうようになった。

春にこの木は5mmくらいの黄色い花をつける。
幹一杯に無数に咲くその花で木が黄色くなるほどだ。そして今年は夏の終わりから秋にかけて、まるでアカシアの花が蝶になったのかな、と思うほど同じ色をした蝶が沢山この木から飛び立ち始めた。
黄色い小さな蝶。
モンシロチョウの黄色いやつ。キチョウというのかな。

今朝、入り口のコンクリートに、ぺちゃっとへばりつくようにこの蝶が落ちていた。
拾い上げると、まだ生きていた。
あまりに寒そうな感じがして哀れだったので、裏の日だまりに持っていきそっと置いてみた。だが、すこし間をおいて見てみると、地面に伏せてすでに小さな命はなくなっていた。

「冬になるんやな・・・」
ちょうど工房に流しっぱなしのラジオが、冬型の低気圧の到来を告げていた。

d0029974_21352922.jpg



参加してます。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2005-11-29 21:40 | 日々の出来事


<< 流行語の通り      高揚と抑制 >>