2005年 11月 21日

やがて・・

d0029974_2158088.jpg

景色が冬になってきた。

工房にいると常夏と思われているようだが、それは違う。
冬はすっごく寒い。
なぜかって?

建物は「夏を棟とすべし」という作りになっている。天井と壁の間に10cmほど隙間を作ってあるし、暖房もない建物はただただ寒い。外にいる状態となんら変わらない。
作業をしている時は暖かいのだが、それ以外は本当に寒い。
吹きに入る前、掃除をしたり水仕事をしたりして準備をするのだが、寒さでだんだん手の感覚が無くなってくるほどだ。

吹きを始めるとまず「ああ、暖かい・・」と至福の瞬間が訪れる。そして手に急に血流が増して、じんじんと痺れだす。「ああ、痺れてきもちいい・・」となるわけだ。
そして徐々に動かない手が動きだし、作る事に熱中するころすこしじんわり汗ばむ。
そのころ、上を脱ぎ、Tシャツになり、そしてのどが乾いてくる。
「ちょっと暑いな・・」外からの吹き込む風が心地よく感じる。
やがて体内に蓄積された熱が、たまらんようになって、外で涼む事になる。
「あ、あ、暑い・・・」

というわけで工房の冬は暑い・・・あれ?寒いって話だったんですけど・・
まあ、まだ冬じゃないってことかな。


参加してます。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2005-11-21 22:18 | 日々の出来事


<< こつこつ      しこう >>