2014年 09月 20日

夕暮れ

d0029974_19135321.jpg


雨の多かった夏の記憶のためか、穏やかな日がひときわ心地よく感じるこのところの気候。
夕暮れ時に散歩で通りがかった五条大橋の下、どこからかサクソフォンの音が響いてきた。
姿が見えないので、対岸で吹いているだろうか、橋のコンクリートに反響したジャズのメロディーには少しばかりエコーがかかり川面の風と共に届いて来る。

愛犬のリードを握り、ゆっくり歩くこの瞬間、この平和な時間をかみしめる。
世界を覆うような不安や、世界のあちこちで起こっている紛争にふと思いが至る。
この平和なひとときが世界の全てに行き渡ればよいのにな、夕暮れを見上げつつ何故かそんな気持ちになるひとときだった。
[PR]

by glassroom | 2014-09-20 19:13


<< 刻々と色を変え、夕暮れ      涼しい夕暮れ >>