あるガラス吹きの徒然日記。

glassrooms.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 21日

ふた

しょうゆ差し、やっとふたを作ってみた。
ガラスの場合、ふた作りって結構めんどくさい。

初めにふたを作っちゃった方が簡単で、あとで口の大きさを合わせた方が楽なのだがその場合、色とかデザインを先に決めておかねばならない。今回は作りながら色も形も決めていったので、どうしてもあとでフタを合わせる作業になった。

フタはきちっとはめないと、しょうゆ差しはもって傾けるのでころんと落ちる可能性がある。口よりほんの少しフタを大きく作って、口に研磨の砂と水を少し。
で、フタと本体をごりごりと擦り合せながらお互いを削り、そして密着させる。
d0029974_2354498.jpg

この作業を「とも擦り」という。
時間をかけてずりずりやっていると、そのうちお互いが磨りガラスの状態で密着する。理科の実験で使うアルコール入れとかのガラス容器の口、あの状態だ。

つるんとした形にしちゃったから、ふたや本体を持ったときつるっと滑ってはいけないので全体にサンドブラストをかけ、表面を荒らす。滑り止め代わり。

これでほぼ完成。やれやれ。
d0029974_23342935.jpg




参加してます。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2005-09-21 23:11 | 吹きガラスの事


<< 筋力      ギネス >>