2012年 10月 30日

ややこしい季節

d0029974_12245873.jpg


日よけのつもりで軒先に植えたブドウ、夏は期待に応えてしっかりと日陰を作る。
うまく出来たもので、そろそろ寒いなあと思う頃、葉を落とし隙間から暖かい日差しを届けてくれる。

この移行期間が「秋」という季節になるのだが、最近はこの期間がすっかり短くなって、ブドウも慌てているようだ。
こうして寒さへの準備をする部分もあるが、こんな風に季節に置いてきぼりにされているやつもいる。

d0029974_12354238.jpg


温暖化で夏と冬の極端な気候のせいかとも思えるけど、うん、自分のようだとも思える。
吹きの作業をしている時は、まだまだ青いブドウのごとく、Tシャツで。
その他の時は、寒い寒いとつぶやいて。
工房ブドウ、この季節のややこしさをよく表しているようだ。
[PR]

by glassroom | 2012-10-30 12:39 | 日々の出来事


<< さんぽ      ムスカ状態 >>