あるガラス吹きの徒然日記。

glassrooms.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 19日

久々に展覧会を見る

滋賀県にある、MIHOミュージアムに行った。
この美術館、設計はI.M.ペイ。
彼の作品で有名なところはルーブル美術館の改装など。あのガラスのピラミッド。行かれた方もおられるかと思う。

彼くらい有名な建築家はもう建築史になりつつあるし、その作品を見るにはアメリカでも行かないと見られないと思っていた。でもこのミュージアムが出来て、自宅から一時間ほどで行けるというのは、ありがたい。
d0029974_20562616.jpg

ここは、建築としての完成度がとても高い。
まず、その広大な敷地(30万坪!)がまず驚かされる。美しく整備された敷地の入り口、ここから歩き始める。
d0029974_21228100.jpg

設計者のコンセプトは桃源郷らしい。
最後のトンネルと抜けると、目的の建物が見えてくる。
このトンネル、デザインがすごい。
まず、トンネル特有の反響がない。アルミのパンチングを使い吸音するようになっていて、まるで未来のトンネル。そこを電気自動車が静かにお客さんを運ぶ。かっこいい!
d0029974_21135025.jpg

照明までかっこいい。
d0029974_21161223.jpg

建物は日本の伝統家屋をモチーフとしていて、エントランスはこれしか見えない。
d0029974_2162395.jpg

これはまるで。
d0029974_218326.jpg

こういうことだが。
しかし、入るとそこは別世界!本当にびっくり。
ルーブルでもそうだが、伝統の文脈を持つ建築に明快な現代の明るい空間を持ち込むことにより、過去の文脈を壊すことなく建築家のコンセプトを築き上げる。
d0029974_2173516.jpg

この建築、配置計画から内部、そして細かいディテールまで本当によくできている。
僕が建築家で、もしこんなものを設計したらもう満足して仕事を辞めちゃうだろうな。

ああ、建物でこんなにいっぱい書いてしまった・・・

本命の展示は染織家の芹沢銈介なのですが、これまた非常にすばらしかった。
これについてはまた明日。
でも展示は写真不可、それが残念ですが。


参加してます。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2005-08-19 21:23 | 日々の出来事


<< 芹沢銈介展覧会      予定外 >>