2005年 08月 16日

本の森

d0029974_2214949.jpg

世界遺産に登録されている、下鴨神社。
この神社、何が有名かというと神社を取り囲む糺の杜(ただすのもり)という深い森が有名。長い森の道を使い流鏑馬(やぶさめ)の行事などがある。

流鏑馬は5月だが、毎年8月にはこの同じ場所で古本市が開かれる。
d0029974_22253924.jpg

出店は京都や関西の色々な古本屋さんが、こぞって出店するものだからすごい数。
ほぼ毎年、この古本市に行っている。

街中なのに、森のせいで涼しいこの場所。緑に囲まれて掘り出し物の本を探す。
d0029974_22273039.jpg

店によって得意分野があるので、この本屋は美術書が充実、こちらは哲学書とバラエティーがあるのだが、そこは古本。全然別分野の掘り出し物が雑誌に挟まっていたりして、大人の宝探しの様相。
こういう催しがあるところ、京都の文化を根底で支えている感じ。
d0029974_22321747.jpg

トイレ案内もあくまで古風に・・・・

大量の本を相手に宝探し、がっぷりと取り組むには一日がかりでくたくたにならなきゃ、いい本は見つからないけれど、子供たちも連れて行ったのであっさりと子供の本と、ガラスに関する本を一冊、ささっと探して帰ることにした。
でも疲れたよん!


参加してます。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2005-08-16 22:40 | 京都の事


<< 予定外      お盆 >>