2005年 08月 10日

夏といえば

d0029974_21515347.jpg


ここ数日、近所であちこち花火大会があって、家からでもドンドンという打ち上げの低い音が響いてくる。

花火ってライブで見ると本当にすごくて感動する。
一瞬で消えてしまうものだけど、それを見るために暑い中、一日中待っている人たち。
それを作る人たちは一年かけて作るのだ。

そんなもの、他にはちょっとない。
すごいなあっていつも見ているけど、最近はちょっと控えている。
数年前、明石であった将棋倒しの事故。
あれを見てから小さな子供を持つ身としては危険回避という感じ。

実際、去年見に行った花火大会では、帰りの駅での混雑で身の危険を感じた。
人が作り出したとは思えないほどの力でぐいぐい押され、子供をかばうのが精一杯。
大声で言っても、誰が押しているのかわからない、みんな押してるつもりがないのに、じりじりと押される恐怖。

本物の花火を見る感動、子供にもぜひ見せたいが安全が一番。
なので、行きたいとせがむ子供にも、お絵描きで我慢してもらっている。


参加してます。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2005-08-10 22:09 | 日々の出来事


<< おでかけ      ほほう・・・ >>