あるガラス吹きの徒然日記。

glassrooms.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 02日

ほしい・・・あれ

d0029974_23493298.jpg

そろそろ温度も下がり、こちらもウォーミングアップ。
消す前に作った最後のグラスもどうやらできた。

書くことはちょっとガラスに関係ない話。
僕がいつも使っている温度帯は1000度から1300度まで。
毎日接していると、だいたい温度の感じが分かるようになる。近づいたときの熱さ、というか痛さというか光の感じとかで「ああ、だいたい何度くらいだな」と分かるようになる。

1300度ってやっぱり熱い。

突然スペースシャトルの話だけど。
今、帰還するときの問題点をいろいろニュースでやっているが、帰ってくるとき大気との摩擦で千数百度になるという。
ちょっと考えられない・・・

窯の中の温度、あれが人間を取り囲む環境なわけで。
そしてその熱風がマッハのスピードでシャトルをこする?
窯の中にすごい優秀な断熱材で人を包んで放り込むようなものだ。

僕の窯は設計上1400度くらいは大丈夫だと思うけど、それを構成しているもの、断熱材。
断熱材って、ふかふかの綿みたいなものだ。内部は耐熱コンクリートだけど、外側って本当に綿みたいなもの。
温度に耐えて、断熱効果があって、軽くて、耐久性がある?

どんなもんやねん!・・・・欲しいわ。窯用に。

シャトルの外壁タイルの映像、興味津々。
あれ、数百個ほしい。


参加してます。

人気blogランキング
[PR]

by glassroom | 2005-08-02 23:48 | 日々の出来事


<< そして再び      天職 >>