2011年 07月 01日

マクロビ弁当

d0029974_13291489.jpg


お弁当をいただく。
このお弁当、実はただ者ではない。その名もマクロビ弁当なのだ!
マクロビオティックとは、詳しくは僕の説明よりリンクで読んで頂ければよいのだが、ご飯は複数の雑穀が入った有機玄米。肉も魚も、魚のだしも、そしてお砂糖も使わない。
この調理法を習った方に定期的に作って頂いている。

この食事、説明を聞くと、正直あまり美味しそうに思われないと思う。だって、砂糖も使っていないのだもの。だが、それがそれが、なんと・・・
これがやたらと美味しい。

薄い味が、穀類や野菜の一つ一つの味をしっかり際立たせて、噛めば噛むほど滋味があって。砂糖の替わりに甘酒が使ってあったり、肉の変わりの大豆があったり。精進料理に近いけど、さらに進化したような。もちろん、作る方の料理の腕もあるけれど、美味しいのだ。

焼き肉も寿司も、そしてお菓子も好きな僕には正直、毎日は無理だけど、時々食べるとそれだけで身体がきれいになるような、そして新鮮な味に毎回感動するのだ。






[PR]

by glassroom | 2011-07-01 13:59 | 日々の出来事


<< コートをようやく脱ぐ      教室展のお知らせ >>