あるガラス吹きの徒然日記。

glassrooms.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 21日

梅雨の頃

d0029974_18552523.jpg


身体にカビが生えるんじゃないかという湿度。
肌がべたべたするこの天気・・・

子供の頃、祖母の家に行くと、ごちそうを頂くのが楽しみのひとつだった。
回転寿しも、スーパーの総菜寿司も無い時代、よくお寿司さんからにぎりの出前をとってくれた。お寿司なんて、そうそう食べられない、もうめちゃめちゃ嬉しかった。

でも、この季節はダメなのだ。「生ものは痛むだろ、お寿司はやめとこ。」ということで無し。
子供の僕は内心かなりがっかりだった。
昔からの季節の知識、祖母は僕や両親が食中毒にでもなったら大変と考えての事。
今みたいに、どの季節でも気軽にお寿司がどこでも味わえる、こんな世の中を見たら祖母はどう思っただろう。
昔より自然への警戒心が薄れているだろう今、あの頃を思い出して子供に伝えなければいけないのだろうけれど、自然から離れた生活をしている今はそれも難しそうだ。
[PR]

by glassroom | 2010-06-21 19:29 | 日々の出来事


<< 行きつ戻りつ      今日はアツイ・・ >>