2009年 11月 07日

ギックリ

d0029974_17332177.jpg


急な寒さと疲れ?からか、ぎっくりしてしまった。
「ギックリ」と言えば・・・そりゃあ腰だろうと自分も思っていたが、なぜだか背中が痛い。
ギックリ背中。
とりあえず、湿布を腰にしてコルセット巻いて。
あれ?痛むところが少し違う。
なんで背中?

とにかく、仕事もせずに夜はひたすら早めに横になっていたら、なんとか痛みは引いて動けるようになった。
今週はそして終わった。

ふと気がつくと今週が終わった。
あれ、もう?
痛み、というのは不思議なものでその時間の記憶を飛ばしてしまう。

かつて、椎間板ヘルニアらしき事になった。まだガラスの学校に通っていた頃の事、それで3ヶ月寝込んだ。その痛みは相当なもので、体験した人で無いとわからないと思うけど、そりゃあすごいものだ。四六時中痛い。何をしてても痛い。どんな姿勢をしても痛い。
痛いづくし。
ブロック注射という、お尻から背骨に針を入れて痛みを止める薬剤を入れるという、書くだけで恐ろしげな治療をしたが、それすらあまり効かなかった記憶がある。

いつの間にか、痛みが引いて今は特に問題もなく過ごしているが、あれだけは再発してほしくない。
で、それを思い出そうとするのだが、その期間は自分が何をしていたか、どう過ごしたかの記憶がまるで無い。
痛かった記憶というのは、他のケガなども含め、まるで文章のレポートみたいな記録として自分に残っているのみで、生々しい記憶として残っていないのだ。

他の人はどうなんだろう?
やっぱりネガティブな記憶は消えるようにできているのかな・・

そんなわけで今週はすっかり消えた。
[PR]

by glassroom | 2009-11-07 17:34 | 日々の出来事


<< とっかかり      暇じゃないけど・・ >>